So-net無料ブログ作成

Firebird を使うメリットって何だろう [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の24日目の記事です。

MySQL や PostgreSQL じゃなくて Firebird を使うメリットって何だろう?
たまに質問されて、自分でも悩んでしまうが、これを機会に挙げてみると・・・

【メリット】

- インストールが簡単。 https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2018-12-02
- コンフィグレーションが簡単。 firebird.conf の修正だけ
- Windows のサポートがちゃんとしている
- (特に最近)SQL 標準の機能がサポートされてきている
- LibreOffice 6.2 の Base で使える http://blog.kimuradb.com/?eid=877556
- 開発が特定の企業に依存していない

【デメリット】

- 使っている人が少ない
- チューニングパラメーターが少ない(チューニングの余地が少ない)
- 可用性を高める機能がない。もしくはとても不足している
- 高負荷を分散するマルチマスターやシャーディングの機能がない
- 開発者とユーザーが少ない

ほとんどの場合困らないと信じているが、困ってしまったときに行き詰ってしまうかもしれないという怖さはある。
SQL文の機能的には問題ないが、僕ですら、積極的に人には勧められない。

僕が、Firebird プロジェクトにコミットしているのは、 せっかく Interbase が公開してくれて OSS として使える RDBMS が放置されて、選択肢が狭くなるのは勿体ない、ということからである。
できれば、僕も(Firebird にして良かったという場面で)仕事で使ってみたい。

HDD のような壊れやすいストレージに依存しなくなって、ストーレージが速くなって、今後、チューニングの必要のない小~中規模の環境で使うメリットが大きくならないかなぁ
・・・という願望はあるし、ワンチャンあるのでは、とは思っている。
コメント(0) 

pyfirebirdsql 1.1.2 released [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の23日目の記事です。

Pure python な Firebird Database driver pyfirebirdsql 1.1.2 を(今さっき)リリースしました
https://pypi.org/project/firebirdsql/1.1.2/

主な変更点は 9日目に書いた timezone のサポートです
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2018-12-11

次にリリースされるであろう Firebird 4.0 beta1 では使えると思います。
コメント(0) 

django の Firebird バックエンド [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の20日目の記事です。

Python の Web フレームワーク Django は、デフォルトではFirebird をデーターベースバックエンドとして使えませんが、サードパーティーのデーターベースバックエンドを使用すると使えるようになります。
(フルサポートというわけにはいきませんが)

Django データーベースバックエンドについては DjangoCongress 2018 の資料を見てください
https://gist.github.com/nakagami/098db7387d78ab9c6aa85d77a0eeecf5

私が知る範囲で開発が継続されているのは2種類あります。

ひとつは django-firebird
https://pypi.org/project/django-firebird/
現在の最新は、 Django 1.11 に対応したバージョン 1.11 です。
データーベースドライバー fdb で Firebird 2.x 以上をサポートしています。
https://www.firebirdnews.org/django-firebird-1-11-final-release-available-on-pypi/

もう一つは、私が開発しているdjfirebirdsql
https://pypi.org/project/djfirebirdsql/
https://github.com/nakagami/djfirebirdsql

Django、 データーベースドライバー pyfirebirdsql、Firebird のいずれもリポジトリの最新のバージョンを対象にしています。
これは、かなり expreimental な状態なので、安定性という意味では全くオススメしません。

Firebird4.0 の機能を使っているので、 django-firebird と生成される SQL文が異なります
正直、 stable な状態になるかわかりませんが、 Django 2.2 + Firebird 4.0 で使えるバージョンをリリースできると良いな、と思っています。
コメント(0) 

Firebird 4.0 のまで残件 [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の17日目の記事です。

2.0をリリースしてから3.0 をリリースするまで10年もかかってしまったことの反省から、
「4.0 以降は1~2年毎にリリースしようねー」
という話になっていたと思うのだが、Firebird3.0 がリリースされて2年半以上の時が過ぎている・・・

Firebird 4.0 の Planning Board を確認してみた。
https://www.firebirdsql.org/en/planning-board/

IN PROGRESS になっている残件は以下の通り。

Mandatory features
++++++++++++++++++++

- 論理レプリケーション CORE-2021
- 統計情報の最適化 CORE-1082, CORE-1686

Optional features
++++++++++++++++++++

- Window 関数の拡張 CORE-1688 (ほぼ実装。残件は CORE-5338 )
- Time Zone サポートCORE-694, CORE-909 (マージ済み? )

Firebird に論理レプリケーション求めているひとあんまいなさそうだし、
もう残りは次のリリース(5.0?)に延期して、とっとと Firebird 4.0 リリースしても
いいんじゃないかなぁ・・・と感じている今日この頃。

コメント(0) 

Firebird 4.0 のTimeZone サポート [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の11日目の記事です。

長いこと放置されているように見えたのですが、
つい二週間ほど前に、タイムゾーンサポートの Pull Request が master にマージされました。
まだ、足りないところもあるのかもしれませんが、もう後には引けないので
Firebird 4.0 ではタイムゾーン付きの time, timestamp が使えるようになります。
ドキュメントはこちら↓
https://github.com/FirebirdSQL/firebird/blob/master/doc/sql.extensions/README.time_zone.md

以下、最新の master をビルドして isql で実行してみた結果です

CREATE TABLE tz_test (
    id INTEGER NOT NULL,
    t TIME WITH TIME ZONE,
    ts TIMESTAMP WITH TIME ZONE
);
INSERT INTO tz_test (id, t, ts) values (1, '12:34:56', '1967-08-11 23:45:01');
select * from tz_test;

          ID                                              T                                                        TS
============ ============================================== =========================================================
           1 12:34:56.0000 Etc/UTC                          1967-08-11 23:45:01.0000 Etc/UTC


SET TIME ZONE 'Asia/Tokyo';
INSERT INTO tz_test (id, t, ts) values (2, '12:34:56', '1967-08-11 23:45:01');
select * from tz_test;

          ID                                              T                                                        TS
============ ============================================== =========================================================
           1 12:34:56.0000 Etc/UTC                          1967-08-11 23:45:01.0000 Etc/UTC
           2 12:34:56.0000 Asia/Tokyo                       1967-08-11 23:45:01.0000 Asia/Tokyo


コメント(0) 

Firebird データのバックアップとリストア [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の5日目の記事です。

https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2018-12-02 にインストールについて書いたのですが、
最近、Firebird を使ってみたという日本語の記事を見ないので、
もしかしてバックアップとかリストアとかの手順についても、ロストテクノロジーなの?
・・・ということに気づいて、ごく基本的な Firebird のデーターベースのバックアップとリストアにつても書きます。

【サービスを停止してデーターベースをコピーする】
Firebird は、1ファイル=1データーベースなので、データーベースファイルをコピーすることで、バックアップ
することができます。
コピーでバックアップする場合は、 firebird のサービスは止めておいたほうが良いでしょう。
sudo systemctl stop  firebird3.0


ファイルをどこかにコピー

sudo systemctl start  firebird3.0


【オンラインでバックアップ、リストア】

gbak というコマンドで、バックアップとリストアができます。
gbak を使うと、firebird のサービスを動かしたままバックアップとリストアができます。

バックアップ
sudo gbak -b /var/firebird/myfirst.fdb /tmp/myfirst20181205.fbk

リストア
sudo gbak -r /tmp/myfirst20181205.fbk /var/firebird/myrestore.fdb


同じファイルにリストア
$ sudo gbak -r /tmp/myfirst20181205.fbk /var/firebird/myfirst.fdb
gbak: ERROR:database /var/firebird/myfirst.fdb already exists.  To replace it, use the -REP switch
gbak:Exiting before completion due to errors

と出てしまうので
sudo gbak -r /tmp/myfirst20181205.fbk /var/firebird/myfirst.fdb -rep

と -rep オプションをつけます
コメント(0) 

Ubuntu に Firebird3.0 をインストール [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の2日目の記事です。

2018年の Firebird 的な大きな出来事と言えば、個人的には Ubuntu 18.04 LTS のパッケージで Firebird 3.0 がインストールできるようになったことです。
Ubuntu 16.04 は、Firebird 2.5 でした。

Ubuntu 17.10 の頃には Firebird 3.0 のパッケージが用意されていたのですが、やはり、LTS で使えることには大きいと思っています。

というわけで、Ubuntu で、Firebird を使うまでの手順を以下に書いておきます。

【Firebird3.0のインストール】

インストールの途中で、SYSDBA ユーザーのパスワードを聞かれます。

$ sudo apt install firebird3.0 -y

Password for SYSDBA:
SYSDBA のパスワードをあとで変更するのは
$ sudo dpkg-reconfigure firebird3.0-server
でできます。


Firebird のコマンドツールは isql という名前ですが、 Debian/Firebird では、isql-fb という名前になっています。

【データーベースを置くディレクトリの作成】

Firebird では、1データーベース=1ファイルの構成になっていて、Ubuntu では、そのファイルが firebird ユーザーで読み書きできる権限が必要です。
どこでもよいのですが、今回は /var/firebird ディレクトリを読み書きできるようにして、そこにデーターベースファイルを置くようにしてみます。

$ sudo mkdir /var/firebird
$ sudo chown firebird:firebird /var/firebird
$ ls -l /var |grep firebird
drwxr-xr-x  2 firebird firebird 4096 Dec  1 07:20 firebird


【データーベースの作成】

/var/firebird に myfirst.fdb というデーターベースを作ってみます。下記XXXXは、インストール時に設定したパスワード

$ isql-fb -U sysdba -P XXXXX
Use CONNECT or CREATE DATABASE to specify a database
SQL> create database 'localhost:/var/firebird/myfirst.fdb';
(Ctrl+D で isql-fb を終了)

【データーベースへの接続】

既存のデーターベースに接続します。

$ isql-fb -U sysdba -P XXXXX localhost:/var/firebird/myfirst.fdb
Database: localhost:/var/firebird/myfirst.fdb, User: SYSDBA
SQL>

【サーバーのコンフィギュレーション】

/etc/firebird/3.0/firebird.conf にサーバーの設定が書かれています。
例えば、 localhost 以外からの接続を許可したい場合は、このファイルの
RemoteBindAddress = localhost
この部分を書き換えます
コメント(0) 

LibreOffice 6.1 リリース [Firebird]

8/9 に、LibreOffice 6.1 がリリースされた。
Base で、いったん外れていた Firebird の embedded engine が再び使えるようになった。
・・・らしいので 手元の Windows に LibreOffice 6.1 をインストールしてみた。

そのまま使えるかと思ったら、デフォルトでは HSQLDB しか使えなくて、ここにあるよ「LibreOffice」→「詳細」→「実験的な機能を有効にする」で
https://www.gesource.jp/weblog/?p=6400
Base データベースを新規作成するときに「Firebird(埋め込み)」が選べるようになった。
将来的には、HSQLDB がサポートから外れて Firebird がデフォルトになるらしい。
途中でデーターベースエンジンを変更するとは大胆だが、 LibreOffice がデーターベースエンジンのメンテナンスをするつもりはないようなので、そういう選択もありかなと思った。

また、「既存のデーターベースに接続」で「Firebirdのファイル」を選択できるようになった。

作成された .odb ファイルを unzip するとdatabase/firebird.fbk というファイルが
できて Firebird のバックアップファイルらしい。
そのうちバージョンも確認したいけど、 ここらへんを見ると Firebird3 のようだ
https://www.firebirdnews.org/firebird-3-by-default-in-libreoffice-5-4-base/

コメント(0) 

Firebird4.0 Planning Board 2017 update [Firebird]

この記事はFirebird Advent Calendar 2017 https://qiita.com/advent-calendar/2017/firebird の24日目の記事です。

Firebird Advent Calendar 2016 の http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2016-12-19 の振り返り
↑を書いた時には、Planning Board にある Deadline は遅れに遅れていたのですが、その後日付が見直されて、現在は妥当な進捗になっているようです。

Firebird の Planning Board はここにあります
https://www.firebirdsql.org/en/planning-board/

各機能の status を見ても、(間に合わなさそうな issue の status を POSTPOND にすることも考えると)Beta Release の2018-01-01 も、無理ではない気がします。

Firebird 4.0 の alpha1 はリリース済みです
https://www.firebirdsql.org/en/news/firebird-4-0-alpha-1-release-is-available-for-testing/
まだ、実装予定の機能もあるみたいなんですが、 個人的には alpah1 の機能で 4.0 をリリースしちゃってもらって、未実装の機能は 5.0 以降でいいかな、と思います。
4.0 まで未実装の機能↓
http://tracker.firebirdsql.org/secure/IssueNavigator.jspa?reset=true&mode=hide&sorter/order=DESC&sorter/field=priority&resolution=-1&pid=10000&fixfor=10750

COMPLETE になっていて私が注目している機能は以下のようなところです

- 物理スタンバイ
- 31文字以上の識別子(63文字)
- Windows 関数の追加
- Decimal の精度向上 https://github.com/FirebirdSQL/firebird/pull/108/files

IN PROGRESS で注目している機能は
- ビルトイン論理レプリケーション
です

コメント(0) 

Firebird Contributors [Firebird]

この記事はFirebird Advent Calendar 2017 https://qiita.com/advent-calendar/2017/firebird2120日目の記事です。(間違えてた&間に合ってない。21日に書いたけど 20日の記事でした)

いつの頃からかわからないんですが、Firebird の公式サイトの Contributors のページに名前載ってました。

https://www.firebirdsql.org/en/contributors/

Jim Starkey, Ann Harrison ご夫妻と名前を連ねることができて大変光栄です。

まあ、このお二方は、名誉職的なポジションですが、RedSoft Corporation という会社の人たちが、最近の Firebird の重要な機能の寄贈をしてくれていて、その人たちと一緒に Contributers に名前を載せていただいているのは、さらに光栄です。
コメント(0)