So-net無料ブログ作成

ecto_sql 3.0 の adapter のテスト [Elixir]

(自分用のおぼえがき)

Elixir の Web フレームワーク Phonix のデーターベース層のライブラリがEcto で、
3.0 から ecto と ecto_sql に分割されて、SQL ベースのデーターベースを使う場合はecto_sql をdeps に書いておけばいいらしい。
https://github.com/elixir-ecto/ecto_sql
ecto_sql は内部で ecto に依存しているので、コア部分が ecto で、SQL に依存している部分を ecto_sql に括りだしたということか。
デフォルトで postgresql と mysql に対応した Adapter を用意していて、それぞれ postgrex、mariaex というドライバーを使っている。

自分は、Ecto Adapter に興味があるので、 Ecto Adapter をテストする方法を探す。

$ ECTO_ADAPTER=pg mix test

$ ECTO_ADAPTER=mysql mix test

で、テストできる模様。

それぞれ、ユーザーが postgresql, root のパスワードなしでlocalhost に接続して、 ecto_test データーベースでテストするようになっている。
環境変数 MYSQL_URL, PG_URL に
user:password@server
と書くと指定のユーザーID, パスワードで接続してテストが実行される。

ecto_sql 3.0 でサポートしているデーターベース(PostgreSQL, MySQL)で、別のデーターベースドライバーを使う Adapter を書く例
http://blog.plataformatec.com.br/2019/01/building-a-new-mysql-adapter-for-ecto-part-iv-ecto-integration/
Pull Request が送られているhttps://github.com/elixir-ecto/ecto_sql/pull/66

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2回目の米朝首脳会談と北朝鮮臨時政府 [日記]

ごねてギリギリのところで有利な条件を勝ち取ってきた金正恩は核兵器は放棄しないけど実験施設は放棄するという条件で経済的援助と朝鮮戦勝終戦宣言を得る予定だったらしいが、昼食さえもしないで、なんの合意文書もなく解散になってしまった。
そりゃそうだ。「実験設備はないけど核兵器はあるんだ」っていう状態が認められるわけがない。
それにしても、事前に関係者で協議を進めていて、なんの合意もないって珍しいんじゃないかな。

北朝鮮と、融和を目指す韓国の両国は、全くの予想外の結果でショックらしい。
しかも、ここに来て対抗の臨時政府樹立が宣言された。

本来なら、朝鮮半島が独立運動100周年の今、朝鮮半島は、慶事続きで統合の話も一気に進む可能性もあったのに。

ふと気づくの金正恩は暢気に二日半もかけて列車でベトナムに来ていて、まだ外交行事があってベトナムにいるらしい。大丈夫なのか?
急遽、民間機をチャーターして飛行機で返らないとなると、金正恩がベトナムにいる間に急展開の可能性もあるんじゃないの?

かねてから、
「僕が死ぬまでに北朝鮮政府は倒れるだろうなぁ」
と思っていたが、これは・・・
ちなみに、この時↓の予言は外れてしまったので、もう数十年続く可能性もあるとはおもうんだけど
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2011-08-20

北朝鮮から難民流出もしくは新政府となったら、経済的に支えられるのは韓国しかないんだけど、韓国は今、経済の状態がものすごく悪く、若者の失業率も高くて、経済援助してあげられる状況にはないらしい。

経済が悪い不満から目を背けさせるためか、韓国の日本非難も強いけど、大丈夫なんかなー、今は日本国民の感情としては喜んで援助してあげたいって状況じゃないんだけどなぁ。

近くで縁の深い国であるので、朝鮮半島が困ったことになっていたら僕は助けて挙げたほうがいいと思うし、結局そうなっちゃうと思うんだけど、そういうのをきっかけに日本との関係が良くなるといいなぁ・・・いやいや、まだ何も始まってないんだけど。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感