So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コンピューター処理にやさしい世界になって欲しい [日記]

サマータイムのない日本で、オリンピックに合わせてサマータイムを導入しようとしている人がいて驚いた。あまりにも大変だということが伝わって、計画がなくなりそうでほっとした。

今、8%→10% と消費税が上がるときの軽減税率の話題が出ている。
たった2% のためにコンピューターで処理するための手間や費用を考えると卒倒しそう。
僕が小学生の頃の牧歌的な昭和の日本じゃないんだから社会システムや法律をもっとコンピューターに合わせてもらいたい。
消費税だけじゃなくて、税制全体をもっとシンプルにして欲しい。
あの、誰かが思いつきで実施されたようなルールをシステムで処理するのに何ら価値を感じない。
まあ、政府としては、苦労して軽減税率対応することでかかったお金は、GDP に反映されるんでデメリットを感じないんだろうな。

いまだに、サマータイムの困難さや軽減税率の困難さが共有されていなくて
「コンピューターに詳しいオタクどもが、頑張ればできそうなことを怠惰ゆえに反対してる」
と思われている節があって憂鬱だ。

たぶん、世の中のルールを決める人が年寄りなのがいけないんだろうなぁ。
僕は、小学生のプログラミング教育は反対だが(そんなことより国語や算数をしっかりやってほしい)「プログラミングって昔学校でやって、ほんのちょっとしたことでもうまく動かなくなっちゃうあれ?」と思ってもらえると、世の中も変わってくるのかな?であれば、義務教育(高校までは実質的な義務教育にカウントしていい)でプログラミング(の大変さ)をちょっとは教えて欲しいな
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感