So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Python なんでもあるな [日記]

Python のエコシステムが年々洗練されていって

pip install hogehoge

とすると、なんでもインストールできるようになった(誇張)

pypi.org にアップロードされているパッケージが増えただけでなく pip とか wheel さらには manylinux の仕様や実装が完成して、C 拡張を含むパッケージも多くが(コンパイラなくても)簡単にインストールできるようになってしまった。

DjangoCongress JP 2018 の arai さんのトークが

- Django という Web フレームワークの
- Django Rest Framework というアドオンで
- 使える便利パッケージ

の紹介だった。
一番思ったのは
「業務ドメインに特化しない共通で使えそうな機能のライブラリならなんでもあるな」
ということ。

これが、Web アプリケーションの分野だけでなく、本来苦手でありそうな、数値計算が図形描画にまで広がっているんだから恐ろしい。

プログラミング言語(とそのライブラリ)は、流行が過ぎると別のプログラミング言語が流行るという歴史を繰り返して来たけど、Python の次ってあるのかな?というくらいになんでもある。

コメント(0) 

役に立つおたく [読書]

おたくの本 (別冊宝島 104)昔、別冊宝島というムックのシリーズで「おたくの本」というのが刊行された。
社会人になってから読んだ気がしてたが、もう 30年くらい前の本らしいので大学生の頃に読んだんだと思う。面白い本ではあったら、場所もなく捨ててしまった。

宮崎勤の事件後で、オウム真理教は信者の家族とトラブルは起こしていたものの犯罪者集団というよりはおもしろ集団と評されていた時代だ。
全体の雰囲気は、amazon のレビューででも確認してもらうとして、その中にコンピューターおたくがとりあげられていて、
「コンピューターおたくは唯一『役に立つおたく』である」
という表現をされていた。

プログラミングに興味を持ち才能を発揮する人間は有史以来一定数いたと思われるが数学や論理的思考が役に立つ職業はほとんどなくて社会に埋もれていたはずだ。しかし、20世紀末になって、そういう才能を持つおたくが脚光を浴びるようになった。
・・・というような内容だったと思う。

僕の祖父は明治34年、父は昭和15年生まれだけれども、確かに僕が父や祖父の世代の人間であれば、田舎の農民として暮らしていただろう。

僕の子供の世代や孫の世代には現在のプログラミング能力など必要ない時代が来るかもしれない。
もっと正確に言えば、明日にも僕のプログラマー的思考など役に立たない時代になってしまうかもしれない。
さらに、年齢的にも、明日にも役立たずになってしまうかもしれないと思っている。
どうも自分は飯が食える程度にはプログラマーとしての適正はあるらしいが、飯が食えるのは、たまたま、そのスキルを活かせる今に生きているだけなんだよなぁ、、、と今でも時々「おたくの本」の内容を思い出してる。

「○○には生産性がない」の○○に LGBT とか、結婚しない男女とか、子供を産まない女とかって発現が出るたびにいやーな気分になるのは、自分が博愛主義者というわけではないんだと思う

コメント(0) 

オウム真理教一区切り [日記]

先日執行された 7 人に続いて、残りの 6 人の死刑が執行された。
結局、今月 13人全員の死刑が執行された

関連する裁判が全て終わって半年をめどに刑を執行するという
運用の目安があるそうだが、今回は、その原則にのっていてよかった。

みんな死刑執行なんかしたくないわけで、
さらに「死んでよみがえった」なんて言い出す奴のことを心配したら・・・
正直、このまま寿命まで執行されないと思っていた。

今回、全員の死刑が執行されて、もうどんな超法規的な措置でも
シャバに戻ることがない、と思うと、自分でも予想してなかったが
「なにか大きな一区切りが着いたなぁ」
という思いだ。

上川法務大臣は、とりあえず前半の7人の執行にサインして、
残りの6人は次の法務大臣にゆだねるということもできたはずだが、そうしなかった。
今後、場合によっては一生警護が着くかもしれないそうである。
「覚悟を持って自分で終わりにする」
と腹をくくった大臣は立派だったと思う。

たまに
「私は死刑反対論者なので法務大臣の間には死刑執行にサインしませんでいた」
なんていう法務大臣がいて、とんだ職務怠慢だと思う。
死刑反対論者であれば法務大臣になるべきではない。

殺された坂本弁護士は死刑反対論者だったらしい。
今回の死刑に反対できるのは坂本さんだけじゃなかろうか。

坂本さんは今回の死刑執行を非人道的と思うだろうか?
そして、麻原が改心することがあると思っただろうか?

コメント(0)