So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

SQLServer 2017 を Ubuntu 16.04 にインストールしてみる [RDBMS]

基本的には、この手順に従う
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/linux/quickstart-install-connect-ubuntu?view=sql-server-linux-2017

ちなみに、 Ubuntu 18.04 にインストール (apt-get install mssql-server)しようとしたら依存関係でエラーになった。

The following packages have unmet dependencies:
 mssql-server : Depends: openssl (<= 1.1.0) but 1.1.0g-2ubuntu4 is to be installed
E: Unable to correct problems, you have held broken packages.

解決法っぽいのは stackoverflow にあった。
https://askubuntu.com/questions/930712/installation-problems-with-ms-sql-server-for-linux
そのうち 18.04 でも簡単にインストールできるようになると思われ、既存のパッケージ依存関係が壊れるといやなので今回は、がんばらず、 Ubuntu 16.04 にインストールしてみることにした。

[SQLServer のインストール]
wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
sudo add-apt-repository "$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-2017.list)"

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server

[コンフィギュレーション]
sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
Choose an edition of SQL Server:
と、SQLServer の、どのエディションか聞かれる
https://www.microsoft.com/en-us/sql-server/sql-server-2017-editions
今回は
2) Developer (free, no production use rights)
を選んだ

このあとで sa のパスワードを聞かれるので入力する。

サーバーが起動しているか確認
systemctl status mssql-server
active(running) と出てれば OK

[コマンドラインツールのインストール]
curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-tools unixodbc-dev

以下のような感じで /opt/mssql-tools/bin/ を環境変数 PATH に加えてログインしなおすなどする
echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile

コマンドとして以下のように入力すると、パスワードが聞かれ、パスワードが合っているとログインできる
sqlcmd -S localhost -U sa


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

息子のノートの取りかた(保存のしかた)がおかしい [家族]

息子は、大学に入ってからルーズリーフにノートをとるようになった。

バインダーに挟むことはしないで、そのルーズリーフを他のプリントと一緒に教科書に二つ折にして挟んでいる。
見るからに、順番はぐちゃぐちゃであとで見る時には全部をばらばらとひっくり返さないといけなくなっているし、全部そろっているかわからない。
でも、本人的には教科書とノートが同じところにあるので無くさないベストプラクティスらしい。

教科書のない科目もあって、そいつはカバンに直接入れている。
そして、他のものをカバンから出し入れしている間に、ルーズリーフはぐちゃぐちゃになっている。
教科書に挟んであったルーズリーフも、こぼれ落ちて、カバンの中にぐちゃぐちゃになっているものもあるはずだ。

「それだったら(個別にノートを用意するのは、そのノートを無くしてしまうかもしれないのはわかるから)全部を同じノートにつけたほうがよくない?」
と聞くと
「その、唯一のノートを講義終わった瞬間に教室に置き忘れるとノートが全部被害を受けるからダメだ」
とのこと。講義終わった瞬間に取ったノートを忘れたことはあるらしい。ではしょうがないか。

先日、息子が、「テストがあるから」と、教科書を見ながら丁寧に(ルーズリーフに)ノートをとっていた。
家で勉強をしていることはあるけど、家での勉強でノートを書いているの珍しいなぁ、と思っていた。
後日聞いたところ、そのテストは「自筆のノートのみ持ち込み可」で、いうなれば、その「カンペ」を作っていたそうな。
そして、翌日のテストには、そのノート(と言ってもバラバラのルーズリーフ)は全部忘れて行ったそうな。
ダメじゃん。

いまのところ、学力的に行き詰っているということはなさそうだけれども、「履修届に失敗する」「テストの日にちを間違える」「卒論をなくす」などのアクシデントにより一留は(僕が)覚悟している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

pycrypto から pycryptodome へ [Python]

Python には、PyCrytpo という暗号/復号ライブラリーがあって、便利なんだけど、もう5年も更新されてない死んだプロジェクトになってしまっていた。

これ、どうしたもんかなーと思ってたんだけど、手元の Ubuntu にインストールするにはあんまり困らないもんだから
「ま、いいか」
と思ってたんだけど、他に代わりになるものがないか調べたら今は pycryptodome というのがあった

https://pypi.org/project/pycryptodome/

PIL に対する Pillow や mysql-python に対するmysqlclient のように、 pycrypto から fork して別の名前で pypi に登録してくれているようなのだが、(・・・なので、使い方は基本的には pycrypto と同じ。バージョンが上がって削除されたメソッドもあるようなんだけど、使いそうなのは大丈夫っぽい)
なんといっても、Windows や osx の wheel が用意されているのがありがたい。

(追記)
別系統で、 cryptography というのがあるらしい
https://github.com/pyca/cryptography
これも、メンテナンスが継続されていてよさそう
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。