So-net無料ブログ作成

みずほのシステム移行が完了した [日記]

今月の海の日を含む三連休に最後の移行を終わらせて、みずほ銀行の基幹システムの移行が完了したようだ。
20日、25日のバッチも終わって、他人ごとながらほっとした。

17年かかったとのことだが、3行が合併して子会社の時代からシステム統合については検討されていただろうから、検討開始から20年くらい経ってそう。
僕が就職した、1992年頃、バブルの名残で就職が楽だったが、銀行、証券、生保の金融業は人気で、中でも銀行はそうそう入れるものではなかった。
生涯賃金は高く、コンピューターシステムも日本で最も高度なものなんだろうと思っていた。
入れないだろうから眼中になかったが、入れてくれるなら喜んで入っていただろう。親も喜んだろうし。

結局、この20年間で銀行がやったのは貸しはがしと社内のリストラ。
システムは、外注丸投げで自分たちは銀行の業務知識もない。
今、収益の柱は金融知識もないのに年寄りに押し売りしている投資信託の窓口販売。

自分の年齢だと、役職定年で出向(その後転籍)に行かないといけない年齢だけど、株式の持ち合いは解消していて、出向先があまりない。
それでいて、日本の銀行員は金融知識がないから転職できないという評価らしい。

最近、憧れの銀行業界の生涯年収ってどれくらいだっけな?と思って
「銀行 生涯年収」
で 検索すると、
「実は、銀行業界の生涯年収はそんなに高くない」
とか出てて、ひどい話だなぁと悲しくなった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント