So-net無料ブログ作成

IBM Cloud で Db2 のインスタンス作成 [RDBMS]

以前 db2 Express をUbuntu16.04 や Windows にインストールしてみた
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2017-04-01-1

なんか Db2 用のユーザーを用意しないといけなくて
そのパスワードが db2 のインスタンスにログインするときに
必要とか、そのほかにサービス名とかインスタンス名とかいうのがあって、
癖があってわかりずらいなーという印象だった。
そのうち、その時のアカウントがわからなくなってしまっていた。

久しぶりに、 Db2 をさわってみたいと思ったのだが、
気が付くと、 (Bluemix 改め)IBM Cloud の無料枠で
Db2 インスタンスが使えるようになっているらしい。
https://qiita.com/azzeten/items/5d06afc6b5df352410a2

自分もやってみた

1. https://cloud.ibm.com/ ここからアカウントの作成
自分は、 db2 Express をインストールしたときに IBMid を作っていたらしく
E メールを入力したらconfirm メールが送られてきてボタンを押したら完了だった

2.「リソースの作成」→「データーベース」→「Db2」を選択して「作成」

3.「サービス資格情報」→「新規資格情報」→名前をあとでわかりやすいように変更して「追加」

4. 「資格情報の表示」を見ると、接続に必要な情報が見れる


クレジットカードの入力の必要がなく、Db2 インスタンスの使用期限のない
IBM Cloud ありがたい。
無料枠の Db2 は、
- 1インスタンスしか作れない
- 200MB Storage
- 5 コネクション
- シェアードマルチテナント
- 非アクティブで 30日経過すると削除される
とのことだが、ちょっとテスト的に使うには十分だ。

Open Console から、左上のメニューをクリックすると Explore とか Run SQL とかある

python でアクセスしている例を発見した。
https://gist.github.com/rquintel/b63b67bb2c537ba85c72e84adb7a6c2f

APIが特殊だ・・・
https://github.com/ibmdb/python-ibmdb/wiki/APIs

自分なりにサンプルコード書いた
https://gist.github.com/nakagami/016601a1fe7d5ca6e436bf8c466c66a5
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント