So-net無料ブログ作成

django の Firebird バックエンド [Firebird]

これは、 Firebird Advent Calendar 2018 https://qiita.com/advent-calendar/2018/firebird の20日目の記事です。

Python の Web フレームワーク Django は、デフォルトではFirebird をデーターベースバックエンドとして使えませんが、サードパーティーのデーターベースバックエンドを使用すると使えるようになります。
(フルサポートというわけにはいきませんが)

Django データーベースバックエンドについては DjangoCongress 2018 の資料を見てください
https://gist.github.com/nakagami/098db7387d78ab9c6aa85d77a0eeecf5

私が知る範囲で開発が継続されているのは2種類あります。

ひとつは django-firebird
https://pypi.org/project/django-firebird/
現在の最新は、 Django 1.11 に対応したバージョン 1.11 です。
データーベースドライバー fdb で Firebird 2.x 以上をサポートしています。
https://www.firebirdnews.org/django-firebird-1-11-final-release-available-on-pypi/

もう一つは、私が開発しているdjfirebirdsql
https://pypi.org/project/djfirebirdsql/
https://github.com/nakagami/djfirebirdsql

Django、 データーベースドライバー pyfirebirdsql、Firebird のいずれもリポジトリの最新のバージョンを対象にしています。
これは、かなり expreimental な状態なので、安定性という意味では全くオススメしません。

Firebird4.0 の機能を使っているので、 django-firebird と生成される SQL文が異なります
正直、 stable な状態になるかわかりませんが、 Django 2.2 + Firebird 4.0 で使えるバージョンをリリースできると良いな、と思っています。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント