So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

韓国人女性プログラマーの思い出(総集編) [Python]

これは、 PyLadies Advent Calendar 2018 の8日目の記事です
https://adventar.org/calendars/3116

そういえば、昨年も PyLadies Advent Calendar 2017 に参加したんだった  https://adventar.org/calendars/2462
今回も Python はあんまり関係なく、女性とプログラマーについて書く。

過去、何度か、前職で韓国人女性プログラマーと一緒に仕事をした話を書いた。
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2010-06-18
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2012-05-12
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12

ざっくり言うと、
- オフショア開発がブームになる前に、韓国人や中国人に日本に来てもらってソフトウェア開発をしようというブームがあった
- 韓国では、それに合わせて「日本語とプログラミングを学んで日本で働こう」みたいなブームがあった
- 韓国に「日本語+プログラミング」の専門学校がたくさんできて、そこで、日本の勤務先の斡旋もしてくれた
- 日本に働き始めると、リーマンショックで仕事がなくなった
ということで、転職を余儀なくされていた。

彼女たちの転職の条件は2つ
- 当面の給料が払われること
- 就労ビザを発行してもらうための会社側の手続きをしてくれること
将来にわたっての職の安定なんて考えてなかったと思う。

会社の規模や信用度によって、ビザの期限は1~3年だったが、そのビザが切れる前に再発行してもらうためには、受け入れ側の会社から提出しなくてはいけない書類があった。
信用も実績もない会社だったので、前回より多くの資料の添付を求められて、それでいて発給されるビザは1年だった。
(そして、現実問題としてアメリカ人と比べて韓国人の就労ビザ発給は難しかった)
会社も、やったことない手続きで大変だったと思うが、日本人なんか転職して来ないんだからしょうがない状況だった。
彼女らはJava とか PHP を書いていたけど、転職で Python を書くことになった。別にプログラミング言語は何でもよかったんだと思う。就労ビザさえ発給されれば。
僕が社会人になった頃の労働基準法では女性の深夜勤務は禁止されていたので、女性が深夜勤務することに抵抗があったが、彼女らはそんなのは気にしてなかった。
きっと、日本に来た時からそんな風に働いてたんだろうなぁ。

その時、結果として本人達にも会社にも良い結果になった。会社の業績はうなぎのぼりで大きくなり彼女らは引き続き日本で働けた。
「プログラマーって性別も国籍も関係なく、本人の努力と能力で未来が切り開ける職業なんだなー」
ってことを強く思った。


結局、東北の震災をきっかけに親に説得されて泣く泣く帰国したり、産休ののち出産して復職することなくやめたりして、あの時の韓国人女性たちは、もう誰もその会社に残ってない。
本人たちには不本意だったと思うが、良い思い出のまま会社を離れてくれて僕にとっては良かった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント