So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

SQLServer 2017 を Ubuntu 16.04 にインストールしてみる [RDBMS]

基本的には、この手順に従う
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/linux/quickstart-install-connect-ubuntu?view=sql-server-linux-2017

ちなみに、 Ubuntu 18.04 にインストール (apt-get install mssql-server)しようとしたら依存関係でエラーになった。

The following packages have unmet dependencies:
 mssql-server : Depends: openssl (<= 1.1.0) but 1.1.0g-2ubuntu4 is to be installed
E: Unable to correct problems, you have held broken packages.

解決法っぽいのは stackoverflow にあった。
https://askubuntu.com/questions/930712/installation-problems-with-ms-sql-server-for-linux
そのうち 18.04 でも簡単にインストールできるようになると思われ、既存のパッケージ依存関係が壊れるといやなので今回は、がんばらず、 Ubuntu 16.04 にインストールしてみることにした。

[SQLServer のインストール]
wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
sudo add-apt-repository "$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-2017.list)"

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server

[コンフィギュレーション]
sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
Choose an edition of SQL Server:
と、SQLServer の、どのエディションか聞かれる
https://www.microsoft.com/en-us/sql-server/sql-server-2017-editions
今回は
2) Developer (free, no production use rights)
を選んだ

このあとで sa のパスワードを聞かれるので入力する。

サーバーが起動しているか確認
systemctl status mssql-server
active(running) と出てれば OK

[コマンドラインツールのインストール]
curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-tools unixodbc-dev

以下のような感じで /opt/mssql-tools/bin/ を環境変数 PATH に加えてログインしなおすなどする
echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile

コマンドとして以下のように入力すると、パスワードが聞かれ、パスワードが合っているとログインできる
sqlcmd -S localhost -U sa


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。