So-net無料ブログ作成

天皇のお気持ちの表明 [日記]

歴史に残る出来事だと思うので、それを聞いたときの自分の感想を記しておく。

事前に生前退位の意思があるということを聞いていたので
「もう歳をとってしんどいので隠居したい」
というお話と思っていた。ビデオメッセージを聞くと

- 歳をとって象徴天皇としての役目が果たせなくなるのは本意でない
- それは摂政をおいて天皇の役割を肩代わりすればよいというものではない
- 崩御の際には社会が停滞しみんな大変
- 行事もたくさんあって家族も大変

個人的に一番以外だったのは「家族」というお言葉を出されたことだった。
歴代の天皇で初めて子供を育てた天皇は違うんだなぁと思った。
そして、陛下も昭和天皇崩御の際は、さぞや大変だったんだろう。

そして、
「自分がしんどいので・・・」
ということではなく、あくまでも象徴天皇の役割が果たせなくなることが不本意だ、ということで
「しんどいのであれば、天皇の地位はそのまま陛下は無理せず国事行為を誰かが代わりにすればいいんじゃないかな」
という安直な考えは、摂政を否定することでお考えを明確にされた。予想以上に踏み込んだメッセージだった。

大変なことだが、もう思い切って天皇についての天皇に関する憲法改正についても考えるべきなのかもしれない、と思った。
ただ、皇室典範の改正にとどまるにしても、象徴天皇であるかぎりは「天皇に言われたから」という形にできないところとかいろいろ難しい。
玉音放送以来の出来事だよなぁ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0