So-net無料ブログ作成

熊本、阿蘇、大分の地震 [日記]

14日に熊本で震度7 の地震があって、その後16日に、それより大規模な本震が16日に阿蘇と熊本であった。

都道府県は素早く災害救助要請を出し、政府も素早く地震非常災害対策本部を設置した。
自衛隊が要請前から素早く行動を開始して今は救援要請の規模を拡大しているようだ。
国や他の自治体の物資支援も東北の震災の時よりスムーズに進んでいる。
私企業の支援も事前に対応が検討されていたのか素早くいろいろ実施されているように思う。

気象庁も、14日の地震が前震で16日の地震が本震だったと素早く見解を切り替えた。
地震速報もうまく機能しているように思う。

日頃、高齢化した日本の硬直した組織社会は、日本をダメにしていくなぁ、と思っていたが
いざとなると臨機応変に対応できるようだ。
東北の震災の反省も生かされている・・・というか災害時の計画がなされてる自治体や企業が多いんだろう

ボランティアを装う詐欺的な人や、意識高く迷惑をかけるボランティアも、火事場泥棒的な泥棒もいるんだろう。
しかし大多数の人は困っている人を見ると助けたくなるようで、国内外から支援の表明が集まってる。
最近特に、世界中で紛争が起き、貧富の差が拡大しているのを見ると、世界はもうダメなのか?
と思っちゃうが希望のもてる出来事だ。

被災した方々、特に亡くなった方やその家族にとっては地震の規模なんてどうでもよくて、
お気の毒でお悔やみ申し上げます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0