So-net無料ブログ作成

Firebird サーバーをソースからコンパイルしてみる [Firebird]

現在、 Firebird http://www.firebirdsql.org/ の stable な
最新バージョンは 2.5.2
開発版で は 3.0 alpha1 と言うのが出ている。

3.0 を動かしてみたいなぁ、と思っていたけど、わざわざスナップショット
をインストールするのも面倒だし、開発版の最新なら、ソースからビルドして
みたいと思っていた。
ところが Ubuntu12.04 だと、ツール類のバージョンが古くてコンパイルできなかった。

随分Firebird のコンパイルの記事↓と基本と変わってない模様
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/08_firebird/firebird01.html

Ubuntu13.10 がリリースされたので、 Ubuntu13.10 でコンパイルしてみることにした。
以下自分がやったこと
まずは、必要なルールとライブラリのインストール↓
sudo apt-get install autoconf libtool make g++
sudo apt-get install libicu-dev libtommath-dev libncurses5-dev libreadline-dev


次にソースの取得。
ミラーが github にある。個人的にミラーしてくれてるみたい。
https://github.com/asfernandes/firebird.git
オリジナルがどこか知らない。subversion なんだと思うけど


extern/editline の configure がうまくいかなかったので、 autogen.sh に --without-editline を付けた

git clone https://github.com/asfernandes/firebird.git
cd firebird
./autogen.sh --without-editline
make
sudo make install

インストールの途中で SYSDBA のパスワード聞かれる

/usr/local/firebird の下と、↓のディレクトリにファイルがおかれる模様

 Adding system startup for /etc/init.d/firebird ...
   /etc/rc0.d/K20firebird -> ../init.d/firebird
   /etc/rc1.d/K20firebird -> ../init.d/firebird
   /etc/rc6.d/K20firebird -> ../init.d/firebird
   /etc/rc2.d/S14firebird -> ../init.d/firebird
   /etc/rc3.d/S14firebird -> ../init.d/firebird
   /etc/rc5.d/S14firebird -> ../init.d/firebird


これらのファイルを削除すれば現状復帰できそう

(自分へのメモ)
FB3 に接続すると firebird/src/remote/server/server.cpp の
accept_connection() でエラーを返すのでクラインとが op_reject を受け取る
requiredEncryption() が false を返すのをなんとかしたい
接続するときの op_connect のパラメータで調整できるのでは。

Firebird3.0A1 Release Note
http://web.firebirdsql.org/download/prerelease/rlsnotes/Firebird-3.0.0_Alpha1-ReleaseNotes.pdf
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0