So-net無料ブログ作成

できるだけいい高校、いい大学に入って欲しいと思う [日記]

田舎で、農家で高卒の両親の元に生まれ育った僕は、大学というものを知らなかった。
ただ、世の偏差値教育と親の財力の結果として大学に行かせてもらうことができた。
僕はまぁ学部卒ではあるが、大学でアカデミックな世界に少しだけ触れることができて、とても良い経験になったと思う。親に感謝している。

今、就職に有利だ専門学校が母体となって経営する工学系の大学がいくつかある。 即戦力になることを教えてくれて就職に有利なんだそうな。
Fランと呼ばれる簡単に入れる大学は中3の息子が、今でも入れそうだ。

好みの問題もあるし、大学なんて所詮大卒のラベルを取得するためのものだという考え方はあると思う。だけど、息子にはせっかくなので、上記のどちらでもなく、アカデミズムの感じられる大学に入って欲しいし、大学教育はさておき、クラスメイトが優秀なほうが良い刺激になるという意味でできるだけいい大学に入って欲しい。
そして、とかく流されやすい息子には、いい大学に入るためにも、できるだけいい(偏差値の高い)高校にはいって欲しいと思っている。

ビル・ゲイツはすごいビジネスマンでお金持ちだけど、それよりは70年代にベル研で活躍した人達のように、学術で成果を出してそれが産業界にも評価されるような人のほうが人生楽しいと思うの。

しかしまぁ、中3には言って聞かせても伝わらない世界なんだよなぁ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0