So-net無料ブログ作成

パーフェクト Python [読書]

パーフェクトPython (PERFECT SERIES 5)読了

少し驚いたのは Python3.3 をベースにして解説していて、 2.x のことについては触れていないこと。
それでいて PEP や Zen of Python や PyPI への登録についての解説にページを割いている。書いている人達が、単なる言語の仕様を理解している だけでなく、Python の哲学について詳しいなぁと感心する。僕も色々勉強になった。
そういう Python の哲学みたいなところは、プログラミングしていくうえで必要になるんだけれども、なかなか書籍のかたちになりにくいので、こういう本は貴重だ。 Python2.7 で開発している人も読むとよいと思う。さすが Python サポーターズ。

プログラミング言語についての経験がまったくない人は想定していないが、Python 以外のプログラミングしか経験のない人なら読めると思う。しかし、「狭義の Python でのプログラミングの理解」という点では、他に勉強が必要かなと思う。

Part4 で、外部パッケージの解説をしていて、随分と Python3.3 で動くパッケージが増えたなぁ、と思う反面 Appendix のインストールの解説ではは、外部ライブラリーの整備状況は、まだまだ一般の人が使えるところまでいってないなぁ、と感じた。
まぁ、そもそも、この本が想定しているプラットフォームのひとつ Ubuntu 12.04 で apt-get できる Python3 は Python3.3 だからなぁ。

この本がバンバン売れて、第2版が出て、そのころまでに Python3 でのライブラリが整備されていることを祈る。


(追記)ものすごく丁寧な書評。購入しようかどうか悩んでる人には参考になる
http://t2y.hatenablog.jp/entry/20130312/1363045098
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0