So-net無料ブログ作成

Ubuntu 12.04 で virtualenv で PIL インストールで jpeg,zlib,freetype を有効に [Python]

最近 Mac OS X 10.5 に開発環境を用意するに限界を感じて、Ubuntu 12.04 を使っている。
「apt-get install で何でもいい具合にインストールしてくれて便利だわぁ」
と思っていたのだが、ここにきて virtualenv で PIL をインストールしようとして
"decoder jpeg not available"というエラーが出て泣きそうになったのでメモっておく

最初、
「あー、これ知ってるわ。libjpeg とか zlib とかがインストールされてないんでしょ」
と思ったのだが話は、ライブラリを apt-get install でインストールするだけでは
終わらず、要するにライブラリがアーキテクチャー名が入ってるディレクトリに
置かれるから探せないということらしい
http://d.hatena.ne.jp/methane/20110424/1303655766

ソースを落として来て、書き換えて、じゃなくて pip install PIL==1.1.7 と打って
インストールされないかなぁー、と思ったら、解決策発見。

http://www.sandersnewmedia.com/why/2012/04/16/installing-pil-virtualenv-ubuntu-1204-precise-pangolin/
http://stackoverflow.com/questions/10658516/django-says-all-images-invalid-but-pil-works
sudo apt-get build-dep python-imaging

で、python-imaging が依存するライブラリをインストールできるんかぁ。なるほど
んで
sudo ln -s /usr/lib/`uname -i`-linux-gnu/libfreetype.so /usr/lib/
sudo ln -s /usr/lib/`uname -i`-linux-gnu/libjpeg.so /usr/lib/
sudo ln -s /usr/lib/`uname -i`-linux-gnu/libz.so /usr/lib/

で、アーキテクチャー毎に配置されてるライブラリを標準的な位置にシンボリックリンク張る、と

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0