So-net無料ブログ作成

Postfix + Cyrus IMAP+ Squirrel Mail の設定 [FreeBSD]

SquirrelMail についていろいろいじったので、ついでにメールサーバーの部分についても 調べた。
(調べただけ)

全体的なところは↓な感じの組み合わせにするのが一番いいと思った。
Postfixで Cyrus IMAP + SquirrelMail(WebMail)
http://www.g-ninja.net/freebsd/squirrelmail.html

>mailbox_transport = lmtp:unix:/var/imap/socket/lmtp
>fallback_transport = lmtp:unix:/var/imap/socket/lmtp
となっているところは↓のように書いている人もいるな・・・
>mailbox_transport = cyrus
>fallback_transport = cyrus
lmtp を使えばいいみたい。
http://www.kobitosan.net/postfix/ML/arc-2.2/msg00098.html

Postfix のインストール&設定は↓の方が詳しいか。
FreeBSD 4.11 + Postfix http://www.hayagui.com/postfix.html
Postfix は自動的に起動するようにはならないらしい。
上記例(portsからのインストール)では、手動でシンボリックリンクを張ってる。
Postfix の設定は、基本的には main.cf だけいじれば良いみたい。
(Virtual Host に手を出さなければ、私でもできそう)
・・・同じところだけど↓こっちのが新しくて整理されてる
http://www.fkimura.com/postfix3.html

ちなみに、デフォルトの設定では、 sendmail_enable="No" となっていて、
この場合は、Sendmail が自ホストからのメールの送信だけを受け付ける、
つまり、127.0.0.1:25 で、listen している状態になっている。
/etc/rc.conf に sendmail_enabe="None" と入れることで、Sendmail が起動しなくなる。

安全なところ(組織内とか、SSL 経由の SquirrelMail)からの接続であれば、
メールの通信(SMTP/IMAP4)の認証や暗号化について気を使わなくてもいいから楽だ。
Cyrus IMAP は SASL2 を使ってるけど、Postfix も SASL2 付きでビルドするといいことあるかな?
(追記)SMTP-AUTH
http://www.f-bell.net/FreeBSD/smtp-auth.html
http://pocketstudio.jp/~zem/blosxom.cgi/linux/FedoraCore3/cyrus-imapd-postfix.html

・・・ あとはパスワードの変更か
SquirrelMail の chg_sasl_passwd というプラグインを使えばよさそう。

やっぱ、机上で調べただけじゃよく分からんな。動きそうなことは分かるが・・・
例えば、FreeBSD + Cyrus IMAP + SquirrelMail で、速い X86 な CPU 1~2個だと、
何人くらいまで1台でサービスできるんだろう。 10人? 100人? 1000人?
1000人より多いとは思えないが、せめて、桁ぐらい知りたい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

Facebook コメント