So-net無料ブログ作成
検索選択

大学入試の時期・・・祈る両親 [家族]

小さい頃から軽い学習障害の気配があった息子も周囲の友達に支えられて高校3年の今、大学受験をしている。

忘れ物が多くて整理できないところは変わってなくて、何を言っているのかわからないことも多いが、幼稚園や小学生の頃に比べたらだいぶマシになっていて、(足りないところはあるものの)ちゃんと発達するんだなぁと、ちょっとホッとしている。

現在は絶賛受験期間で、受験して結果のわかった大学、わかってない大学、受験がこれからの大学と混在している。

入試で学力が不足していて不合格なのは仕方ないが、とにかく無事、実力を発揮できる形で試験を受けられることを祈っている。

手続き的なことや日程的なことは、自分の時代とは色々変わっていて(インターネットでの出願が基本になっていたり、センター試験で私立の入試ができたり)まずは、その手続きがちゃんとできているのか?が心配だった。
親がわかってないというのもあるのだが、基本的には自分で希望するものなので、高校の説明を聞いたりとか調べたりとかは息子に頼るしかない。
出願を受け付けた、などの連絡も息子が自分のメールアドレスで受け取っているので(僕は直接知りようがなくて)ちゃんと進んでいるのかドキドキしてた。

出願が終わっても、いざ受験の日付や時間と試験会場を間違えてないか?
親子で何度も受験ハガキを見て確認しているがヒヤヒヤする。
(まずその前に受験ハガキが来てなくてドキドキしてたのだが受験ハガキは無事全部きた)
当日遅刻しないか?これは息子の性格とは関係ないのだが、かなり早めに行ったつもりでも他の受験生も普通にいるので緊張する。今の所は遅刻していない。

過去、予備校で何度も模試を受けているが、高校の1年や2年の時は、希望する大学や学科を間違えたり、受験科目を間違えたりして判定できないことが多かった。とてつもなく点数が低い時も多々あって、あれはマークを間違えたんだと思う。 3年になってようやく希望する大学の判定が出せるようになった。(よい判定が出ているというわけではないが模試を受けてちゃんと判定できてたらそれだけでホッとした)

(現在進行形の)本番の入試でも、この前受けた時は大問3まである数学で、大問2の回答をシートの大問3の部分につけていたことを2の問題の最後を回答するあたりでマークするところがないと気づいたそうな。大問3のシートのマークを書き写して消しゴムで消してから大問3をやったと言っていた。
「大問3の後半は、どうせわからなかったから、その時間ロスの影響はなかったよ」
と言っていたが、僕は
「そのロスした時間があったら、わからなかった問題がわかったかもしれないじゃないか?」
と疑念を持っている。ただ、それを言うとガッカリすると思うので黙っているが・・・
まぁ、時間内にマークミスに気づいて書き直せただけ良かったと思うべきか。

試験の出来を息子に聞いて見たところで、名前を書いたかどうか、マークミスしてないかどうかはわからないので、あまりあてにはならない。予備校の模試でも「今回はできた」と言っていて、結果が出ると「みんなはもっとできた」というパターンが多かった。ただ祈るばかりである。

親ではどうしようもないことも多いので、自分が受験した時よりも緊張する日々が続いている。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Neo4j をさわってみる [プログラミング]

自分は macOS Sierra にインストールして使ってみたかったので
「MacでNeo4jを使ってみる」が参考になった
http://qiita.com/awk256/items/a4c7457aad103a07e5d6
これ↑を見てもらうのが良いのだが、もしページが消えちゃうと困るので
自分でやった操作をいかにメモしておく。

java8 はインストール済み

Community Edition ダウンロードページ
https://neo4j.com/download/community-edition/
の Neo4j 3.1.1 MacOS (dmg) というのをダウンロードして実行して
インストール(いつものように Application フォルダーアイコンにドラッグ&ドロップ)

Application フォルダーの「Neo4j Commmunity Edition 3.1.1」を開いて start。
http://localhost:7474/
初期の ID とパスワードは neo4j/neo4j だけどログインしたら新しいパスワードを
聞かれるので設定

コマンドシェルで
:play movie graph
を実行。
出てくるクエリ文の枠の中をクリックするとコマンドラインにコピーされるので
それを実行。
これで映画データーベースが読み込まれた。

tarball を落として動かすのは、(CentOS 7 関係なく)これ↓が参考になりそう
さくらVPS上のCentOS 7にNeo4jインストールしてローカルからアクセス出来るようにした
http://postmaster.hatenablog.com/entry/2016/04/16/085549

以前は、Java のネイティブメソッドか Rest API でアクセスしてたんだけど、
割と最近、Neo4j 3.0 から Bolt Protocol というプロトコルでアクセスできるようになった
http://www.creationline.com/lab/14847

Bolt Protocol でアクセスするデーターベースドライバーは python だと
$ pip install neo4j-driver
でインストールできるっぽい

Bolt Protocol
http://boltprotocol.org
Bolt Protocol, Version 1
http://boltprotocol.org/v1/
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Fラン大学不要論について [日記]

いわゆるFラン大学については、定期的に
「あれはひどい、これはひどい、行く価値がない」という話が出る。
http://news.livedoor.com/article/detail/12605862/

僕も割と最近までは、「税金の無駄だなぁ」と思っていた。

しかし、実際に自分の子供が大学に進学する年齢になってみると、
「他に行くところがなかったら Fランの大学に行かせるか?」
と聞かれたら、「はい」と言うことになる。

何か、やりたいことがあって専門学校に行くのならそれでもいい。
しかし、都会に住んでいてFラン大学にしか行けない子が、専門学校にも行かず就職してうまくいくかといえば、とてもそうは思えない。

息子の中学の時に仲のよかった同級生も、(公立中学から色々な高校に進学した子たちなので)色々進路はあるものの、就職する子はいないらしい。
親が職人さんで、手伝うと行っていた子も、とりあえずはそうはしなようだ。

今時は(特に都会では)高卒の子を大切に育ててれるような会社はなく、ただでさえ勉強ができない子が、コンビニでアルバイトしながら将来設計をするなんて無理じゃないか。
せめて、(Fランであっても)大学くらいは行かせたい。
大学で直接的に学べなくても、4年間のモラトリアムの時間に、将来のことを考え、中高で習得すべきだった数学や英語が少しでもできるようになれば・・・
そう思ってしまう。

先日、カミさんの職場に来る営業の人が転職して後任の人が来た。
その人が、いっぱい CMしている、あの Fラン大学の卒業生らしくて、
「お金のある大学だと学校も世話してくれるし、ちゃんと就職できるんだー」
と思った。
多分、高卒でもできる仕事だろうし、昔は大学なんか出なくても就職できてたんだろうけど、今は無理だろう。
大学に行かないと、スタートラインにつけない。

教育国債を新たに発行して大学を無償化しようと政府が検討を始めたと言うニュースをやっていたが、できることなら、大学に行かない子でも働く場のある社会にして欲しいんだよなぁ。
政治でできることなのかどうかわからないけど。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Cassandra 3.9 をさわってみる [プログラミング]

まず java8 をインストールする
あと python という名前のコマンドで python2.7 がインストールされている必要がある

binary tarball file を使うことにする
http://cassandra.apache.org/doc/latest/getting_started/installing.html#installation-from-binary-tarball-files
cassandra の最新が 3.9 のようなので apache-cassandra-3.9-bin.tar.gz をダウンロードしてきて
$ tar zxvf apache-cassandra-3.9-bin.tar.gz
で展開。
展開したディレクトリの中の bin ディレクトリにパスを通す。
自分の場合は、
export PATH="$PATH:$HOME/apache-cassandra-3.9/bin"
みたいな感じにした。

これで
$ cassandra
でサーバー実行
$ cqlsh
でコマンドシェル実行できた
$ cqlsh
Connected to Test Cluster at 127.0.0.1:9042.
[cqlsh 5.0.1 | Cassandra 3.9 | CQL spec 3.4.2 | Native protocol v4]
Use HELP for help.
cqlsh>

使い方は↓ここら辺が参考になった
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-1917.html

以下、自分が実行した例
cqlsh> create keyspace sample WITH replication = {'class': 'SimpleStrategy', 'replication_factor' : 1};
cqlsh> DESCRIBE keyspaces;

system_schema  system_auth  system  sample  system_distributed  system_traces

cqlsh> use sample;
cqlsh:sample> create table test (
          ...     id int,
          ...     s text,
          ...     primary key(id)
          ... );
cqlsh:sample> describe tables;

test

cqlsh:sample> INSERT INTO test (id, s) VALUES (1, 'test1');
cqlsh:sample> INSERT INTO test (id, s) VALUES (2, 'test2');
cqlsh:sample> SELECT * FROM test;

 id | s
----+-------
  1 | test1
  2 | test2

(2 rows)
cqlsh:sample>



(追記)

cqlsh は、 python 製の pip でインストールできるコマンドなので
ダウンロードした tarball の じゃなくても

sudo pip install cqlsh

でインストールできる。

macOS Sierra の場合
$ sudo easy_install -U six
で、システムの python 2.7 の six をアップグレードしないとダメかも


この /usr/local/bin/cqlsh にインストールされるコマンドを実行しても良い・・・はずなのだが

$ cqlsh
Connection error: ('Unable to connect to any servers', {'127.0.0.1': ProtocolError("cql_version '3.3.1' is not supported by remote (w/ native protocol). Supported versions: [u'3.4.2']",)})

エラーで接続できない。クライアントの要求する CQL バージョンの方を
サーバーが受け付けられないということらしい

$ cqlsh --cqlversion=3.4.2

って指定するとエラーにならないんだけどいいのかな?

~/.cassandra/cqlshrc に
[cql]
version = 3.4.2

と書いても同じらしい
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

たしなめられる夫 [日記]

東京通勤圏内に住んでいると、知り合いの親戚が大手電機とかそのシステム子会社とかってことが結構ある。
カミさんが
「〇〇さんの弟さんがT芝で・・・」
って話をすると、僕が
「ふーん、大変だねぇ」
という反応をするので、(また、立派な会社に勤めている人に嫉妬して!)と思ってか、
「そういうこと言うもんじゃない」
とたしなめられる。

いやいやいや、本当に、大変だねえって思ってるんだけど・・・
その人の奥さんや親は、給料多いし自慢できるからいいだろうけど、本人は長時間働いて死にそうだと思うよ。本当につぶれそうだし・・・ってことを言うと、「また嫉妬して、そんな大きな会社つぶれるわけないじゃん」と言う反応をされる。

僕ぐらいの年齢だと、勝ち残って部長や本部長になってない人はリストラかよくて出向。
どんなに会社にしがみついていても、所属する部署ごと売り払われちゃうのでどうしようもない。
・・・っていうことをが、この歳になってみるとわかる。

毎年公表される理系大学生の就職人気ランキングを見ると
「ま、まじでそこ入りたいの?」
ってところが並んでてビビる。
いや、自分の新卒の時もランキングは同じようなもんだったし、そういうことに入れるのは羨ましいと思ってた。僕がとても入れないような人気企業に入れてた、あの時の就職強者の人たちバブル崩壊を乗り越えて、今頃何しているんだろう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MongoDB にユーザー追加してユーザ認証 [プログラミング]

データーベース test_nmongo に管理者権限を持ったユーザー alice (パスワード secret)を追加

$ mongo
$ use test_nmongo

db.createUser(
{
user: "alice",
pwd: "secret",
roles:
[
{
role: "userAdmin",
db: "test_nmongo"
}
]
}
)

role には普通は "readWrite" とか "read" とか指定するみたい
https://docs.mongodb.com/manual/tutorial/enable-authentication/#create-additional-users-as-needed-for-your-deployment


ユーザー alice でログインしてみる

[mongo shell から接続する場合]

mongo -u "alice" -p "secret" --authenticationDatabase "test_nmongo"

[mongo shell で接続してから認証する場合]

mongo
> use test_nmongo
switched to db test_nmongo
> db.auth("alice", "secret")
1
>

うーんと、できてるっぽいけど、これでいいのかな・・・
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MongoDB の SSL 設定 [プログラミング]

ここらへん↓を参考に作業
https://docs.mongodb.com/manual/tutorial/configure-ssl/
https://github.com/retorillo/mongodb-example/blob/master/README-ja.md
http://www.utali.io/entry/2016/11/04/113830

http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2016-12-07
の時に Ubuntu16.04 にインストールした MongoDB3.2 で /etc/mongod.conf に設定ファイルがあることを前提に・・・

# cd /etc/ssl
# openssl req -newkey rsa:2048 -new -x509 -days 365 -nodes -out mongodb-cert.crt -keyout mongodb-cert.key
(色々入力。この時、Common Name は、検証されるので接続される IP アドレスのホスト名を入れる)
# cat mongodb-cert.key mongodb-cert.crt > mongodb.pem

/etc/mongod.conf の
net:
  port: 27017
  bindIp: 127.0.0.1

こうなっていたのを↑こう↓変更
net:
  port: 27017
  ssl:
    mode: requireSSL
    PEMKeyFile: /etc/ssl/mongodb.pem


んで、 mongo shell からは

mongo --ssl --sslCAFile=/etc/ssl/mongodb-cert.crt

でアクセス。
--sslCAFile=/etc/ssl/mongodb-cert.crt の指定がないとエラーになる
なるほどー

WARNING出るけど
mongo --ssl --sslAllowInvalidCertificates
でも接続できた
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プログラマーという職業は日本人向きだと思うのだが [日記]

パソコン少年だった高校の頃に思った。
資源のない国で、そしてほとんどの人が高校まで卒業して高校数学くらいまではやっている日本は、ソフトウェア開発を新たな産業にするのには向いているんじゃないかと。
実際僕は、大学で学んだことは今の仕事には全く結びついてないので、就職の機会さえ与えられるのなら高卒でもいいのかもしれない。

そんなことを考えていた時代から 30年。
日本の状況は全く逆の IT 後進国になってしまっている。
ITの需要は増え続ける一方なのに。

なんでだかわからないけどプログラマーという職業が割と下に見られてしまっていて、若者に人気がないのは大きな理由だよな。

そして最近では、スマートフォンの普及に反比例して家庭のインターネット回線やパソコンの普及率が下がっていているそうな。

最近は、子供にプログラミングを教えるのが流行りなんだそうだが、
(世間一般には、あまり良い職業と思われてない気がするが)
行かせている親は将来の手に職になると思っているんだろうか?
それに、小学生にプログラミングを教えるくらいなら、算数とか折り紙とかやった方がいいと思うんだよなぁ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の目標 [日記]

もう 1/1 が終わりそうなので書いておく

今年は、趣味のプロジェクトとして何か新機軸のコードを書き始めたい。
何かはまだ決まってない

自分の実力で実現可能なギリギリ難しいテーマを選ぶのは難しいので悩み中
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2013-01-27-1
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

炎上案件ゼロ [日記]

例年、納会で、今年の振り返りと例年の抱負について社長が話す。
今年は、良かったこととして「炎上案件ゼロ」という話をしていた。

事実として炎上案件がなかったことも嬉しかったが、炎上案件がない方がいいという価値を社長=会社が持っているということが表明されて嬉しかった。

とかく、若いうちの苦労はした方がいいから、炎上案件も良しとするおじさんが多いが、とんでもない話だ。
炎上案件を振り返って、あれが今の自分の糧になったことなど全くない。

僕は、子供が小さい頃は(今も)パートタイマーのかみさんや近くに住む義理の両親に頼れたおかげでここまでこれたけど、親の力を借りずに夫婦共働きで、炎上頻発では、子供が育てられない。

プロジェクトが炎上すると、お客さんとの関係も社内の人間同士の関係も悪くなる。
僕のような気弱で人のいい人間が火消しに回されて
「nakagami 君は(ヘルプで入った案件で)赤字だからボーナス少ない」
とかいうことになって損をするので、要領いい人は、みんな助けたくない。
会社も赤字のはずだ。(・・・はずだが、赤字プロジェクトは許さず社員にサービス残業をさせているところは、炎上でも意外と赤字じゃなかったりするのが炎上案件がなくならない一因だったりすると思う)

今は、炎上案件が(少なくとも今年は)なく、社員同士が助け合っていられる。
残業は少ないので、業務外の時間に趣味に興じている人もいれば、子育てしている人もいれば、勉強している人もいる。
本来、人間の生活ってそんなもんのはず。

平均残業時間が 100時間みたいな生活をみんなが送っていたら日本が滅亡するよ。
今みたいに、みんなが(このデフレの時代に売上が減るのが嫌だから損得関係なく社員を長時間働かせて売上をできるだけ減らさないというような)非効率に長時間残業するようになったのは、ここ20年くらいの話なんで、変わるときは社会全体が一挙に変わると思うんだよなぁ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感