So-net無料ブログ作成
検索選択
父のがん ブログトップ
前の10件 | -

民間療法 [父のがん]

歌舞伎俳優の奥さんが癌で亡くなったとか、標準療法がおこなわれていなかったとか聞いて・・・

父が、末期がんだと医者に告知された直後に、医者向けの治療の本を何冊か読んだ。
専門医向けの難しいやつじゃなくて、
ここまで浸食してたらレベルいくつで予後不良とか、
患者には、現状とこれから先の治療方針を率直に説明したほうがいいとか書かれてる本。

これから医者が家族に説明することの理解の助けになれば・・・と思って読んだ。
父も、(その前に肝臓がんで亡くなった義父も)抗がん剤治療の合間に一時帰宅したりして、(もちろん、無理な放射線治療や抗がん剤治療はせずに)標準的な治療がなされたようで、僕としては満足な治療だった。
もちろん、もっと長く生きられ、できれば寛解すれば素晴らしいんだけど。
本人や家族への説明もきちんとされたと思う。

んで、その時に読んだ本の中で
「患者や家族がビタミン投与などの治療を聞きつけて、そういう治療を求めてきたときには、差支えない範囲で応じてあげましょう」
「民間療法を行っていることを聞いても、(自分たちが行っている標準療法をしている限りは)否定しなようにしてあげましょう」
というようはことが端々に書いてあって、(一生懸命治療しようとしている医者にとっては腹立たしいことであろうに、そういう表現はせずに書いてて)お医者さんも大変だなー、
って思った。

川島なお美さんも、スティーブン・ジョブズも民間療法にはまって、寿命を縮めたと思う。
ジョブズは最終的には治療したが、治療が遅れたことを後悔していた、とも聞いた。
金があっても、医療技術が発達してもどうしようもない。人間の知恵の限界なのかなあ、と思ってしまう。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

父の七回忌の法要だん [父のがん]

親類縁者があらかた愛知県田原市と豊橋市に住んでいるというのに、生家&墓のある寺から離れている僕が長男で、ひとり中神を名乗っている跡継ぎということで年忌の施主をするというのは非常にプレッシャーである。
しかしながら、ようやく父の七回忌が終わった。
祖父の三回忌が終わってやれやれというところで急に父がなくなったので、それまでろくに葬式すら出てなかった僕が、祖父の葬儀から始まって、(祖父の分も含めて)ほぼ毎年のように年忌をしていたがようやく一段落ついた。

田舎の冠婚葬祭は正直負担なのだが、家を出て農家も継がずにいるのは僕の勝手なので、「遠くに住んでいるのでできません」とは言いたくないし、大学進学、就職と何も言わず自由にさせてくれた父へのせめてもの恩返しと思っている。
父が亡くなるまで、さほど意識したこと無かったのだが、長男の責務を果たしたいという思いもある。

それはさておき、なによりも家族に多大な負担をかけてしまっているので、ここまでご苦労かけていることに感謝。それから、なんだかんだ言って世話になっている弟妹にも感謝。

最近思うのは、僕が天寿を全うするくらい長生きすれば、よの葬式も随分かわっているであろうということ。祖父の葬儀から父の七回忌まで考えても、地域の冠婚葬祭も随分と簡単になって商業化されてきた。僕もできるだけ長生きして、子供達に負担をかけないようにしたい。
(今死んだら、残された人間が超めんどくさい)

中神家のために、明日からまたがんばるぞ!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

命日 [父のがん]

090608_2111~001.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

命日 [父のがん]

妹→かみさん→僕 と携帯にメールが転送されて来るまで、まったく気付かなかった。
ごめん、父さん。
まだ、1年しか経ってないんだなぁ。
この1年で、(病気が発見されてから1年半で)本当にいろいろ変わり過ぎたよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一周忌 [父のがん]

日頃、飲み会の幹事すらしないのに、年忌の施主。
高校卒業以来住んだことのない実家でのそういう行事は、世間知らずの自分には相当きつい。

昨日は、息子の運動会が終わってから一家で実家に。17:00頃出発して 0:00 頃到着。
今日は年忌を終えてから帰宅。16:00頃出発して 23:00頃到着。
家族にも大変苦労を掛けた。

ややもすると、誰の年忌かというのを忘れてしまいそうで、父の供養になっているのかどうか。
たまに「父の年忌なのに父のことを思い出してる暇がないなぁ」ということがふと頭をよぎって、そのことに父が不憫で涙する。
でもまぁ、なんとかなってえかったえかった。往復もたいした渋滞にぶつからなかったし。
運動会も雨で順延にならなかったし。まったく綱渡りであったことよ。

来年は3回忌。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四十九日 [父のがん]

昨日の土曜日は、四十九日の法要だった。
今年の正月には、だれも予想しませんでしたが、来月は初盆。

わからないなりにもいろいろやってきましたが、ここでひと段落。
今のうちに、これまで何をやってきたが、どこかにメモっておかないと忘れそう。

なんだかいろいろ段取りがあって、ここまでのところは忙しくて、とても故人を偲んで泣いてる暇がない。うまく出来てるような、できていないような・・・。
最近は、宗教に一切関係ない近親者のみが集まって故人を偲ぶ「家族葬」というのがはやりなんだどうだが、それはそれで分かる気がする。

結婚式では、今はほとんど仲人を立てないそうで、パーティー形式だったり海外でやったりと思い思いにやってる。
きっと、わしの葬式の時にはものすごく簡略化されてるんだろうが、少なくとも、爺さんと親父の入った墓にわしを入れるくらいはしてくれよ、息子。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通夜と葬儀総括 [父のがん]

葬式に出ることすらあまりなかったのに喪主をすることになった。
しかも、実家で暮らした年月よりも、実家を出てから暮らした年月のほうが長くなり、田舎のしきたりなんて全然知らないのに。
右も左も分からない喪主のためにお手伝いいただいた伍人組の皆さんには大変感謝。

細かい粗相は多々あったと思うが、自分として大きく失敗したと思うのは
・斎場から納骨→精進落としの席に、葬儀屋のバスが出ると思っていた
 (各自の自家用車で移動してもらうことで事なきを得た)
・七日の席の伍人組の皆さんの席を末席にしてしまったがそれは逆だった
祖父の葬儀の時にも、いくつか失敗はあったようだし、まぁ、父には我慢してもらうことにする

父のことも、ひと段落付いたので、このブログで下書き状態にしてた「父のがん」カテゴリの記事を公開することにする。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しんせい [父のがん]

父が昔から好んで吸ってました。
棺にいれます。

まぁ、これが胃癌の原因なんでしょうが。

追記
アンパンも入れました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

臨終 [父のがん]

妹から連絡があった。
本日4時12分臨終。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

静か [父のがん]

今日一日、弟妹たちが携帯メールで連絡してきてくれるところによると、大分呼吸も静かになって、看護士さんが話しかけても答えないし、時々何か言っていても、声が聞き取れない状態らしい。
夜中に大騒ぎされるのはたまらんと思っていたが、もうこれで僕が次に行ったときには、会話ができないかと思うと、やっぱり寂しい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 父のがん ブログトップ