So-net無料ブログ作成

工数をパズルのように埋め、おおざっぱに管理する [日記]

最初に入った受託開発をメインにした会社は工数管理がしっかりしていた。
案件に工番(こうばん)または製造番号(せいぞうばんごう)、製番(せいばん)と呼ばれる番号が割り振られて15分単位で時間をつけていた。
日立グループで作番(さくばん)と呼んでいるものとだいたい同じらしい。

僕のような若手は相互に差しさわりがあるということか、複数の案件に割り当てられることはなかった。
つまり、1人月の案件が 4/1 に始まると、4/30までは、日報にはその工番をつけて、それ以降はつけちゃいけないことになる。
そしてその工番で予実管理をした。
工数が予定より多くなってら怒られるんだが、少なくてもいやな顔をされた(見積もりの精度が悪いんじゃないかといわれた)

日報には、工番と合わせて、今やっている作業が「設計」「プログラム作成」「テスト」(さらに細かく分かれていた)の何をやっているかも書かないといけなかった。
おおざっぱに 1/3 づつくらいの工数にわかれてないと「おかしい」と言われるので
「んー、今やっている作業はなにかなー。設計にもプログラム作成にも見えるけど、今の工数の消費具合からいうと、プログラム作成につけておこうかなー」
とかやっていた。ほかの人がどうしていたか知らない。

途中、客先の仕様確認とかレビュー結果をもらうとか、結果待ちに時間が空いてしまうときがある。
ミーティングの日程だってこちらの都合だけで決められるわけではないので、ミーティングまでに時間が空いてしまう。
「んー、じゃあドキュメント整理の製番でもつけておくかなー」
と、そのときさほど必要でもないドキュメントを書いてたりしてた。

あの日報をつける時間は馬鹿にならなかったし、それを集計する課長の時間も馬鹿にならなかった。
日報を転記して週に一回の課長会議みたいなのをしてたようだったが、そのための資料作るの大変だったろうな。
課長は、売り上げに結びつかなくても許される伝家の宝刀「営業製番」99998 を付けられたが、僕は、めったなことではその製番を付けることはできなかった。
社内には、社内インフラを整備する工数が割り振られていた人もいたが、そういうのは売上が結びつかなくても怒られなかった。
一方で我々一般の兵隊は売り上げに結びつかない工番はつけられなかった。
僕が、社内インフラ整備とか書籍の執筆とかを仕事ですることに、いまだに抵抗があるのは、この頃の「売上に結びつかない仕事はしちゃだめ」と思っていたのを引きづっているのだと思う。三つ子の魂百まで。

いろいろ理由で、苦しかったし予定が遅れることはあっても早まることはなかった。
今思えば、予実があってないと怒られるのは、サービス残業の発生する温床だったんじゃなかろうか。
ここまでで読んでる人は気づいたと思うけど、実績としてつけていた工数はかなり予定に合わせていて真の実績とは離れていたと思う。
あの実績で振り返っていては全然現実が見えてないな。

僕は、その会社を辞めるまではソフトウェア業界って、みんなこんなふうに工数管理しているものと思っていた。
転職してみると、15分単位に日報をつけるのは例外的だと知った。

今は、臨機応変に、それこそパズルのピースを埋めるように時間の空いた人を埋めている。
それは、最初の会社では、もっとも忌み嫌われていた仕事のやり方だ。
(計画しても現実は計画通りに進まないという現実は無視して)
ころころ案件が変わるのは計画ができてないせいだし、案件が頻繁に変わるのはキャッチアップするのが大変だから。
今はお金については社長の「費用対効果」のひとことで解決だしプログラミング言語や仕事のやり方が同じになるように努力しているので、
案件が変わっても、キャッチアップは割とするできる。

会社が大きくなれば、もっとちゃんとした工数管理をしないといけないんだろう。
今のように、みんな仲良く性善説というわけにはいかないだろう。
最初の会社の詳細な工数管理自体は悪いことじゃなくて実態が悪かったのかもしれない。

どれがよくて正解っていうのはないけど、常識っていうのは会社によって違うから、みんなできるうちに一回は転職したほうがいいと思う。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

できることと簡単にできることと janome [日記]

随分前に参加した、Python のもくもく会で 、自然言語処理の研究をしていて、レコメンドエンジンのプロトタイプは Excel のマクロでできていて、それを Python で実装したいんだけど、という人が来ていた。
mecab-python がインストールできなくて苦しんでいた・・・というか、僕がインストールしてあげようとして挫折してしまった。

今現在の、Ubuntu なら apt と pip でインストールできるっぽいが・・・
https://qiita.com/dwarfer7634/items/551886e8d817321abbd5
sudo apt-get install mecab libmecab-dev mecab-ipadic mecab-ipadic-utf8
pip install mecab-python3

言い訳すると、そのときは、Windows がメインで、今日のためにVirtualBox に CentOS6 をインストールしてきましたという状態で、
root 以外のアカウントは登録されてなくて Windows から ssh でログインできるようにもなってなかった。
Ubuntu だと比較的簡単にインストールできるようになったが、やはり windows で python-mecab は鬼門らしい。

この時、挫折してしまったのが申し訳ないのと同時に、
「自然言語処理の研究をしていて、MeCab のインストールに苦しんでいる人いっぱいいるんだろうなぁ。もったいないなぁ」
と思った。

そんなことがあった直後に、pure python の形態素解析器 janome が公開されたので興味を持った

- http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2015-04-11
- http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2015-04-18
- http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2015-04-27

最初 python3.4 でしか動作しなかったものを python2.7 でも動くようにして、その後、多少高速化もした。
ここ↓を見ると、まだ mecab -Owakati の 300倍くらい遅いみたい
https://umiushizn.blogspot.jp/2017/09/blog-post.html
だけど、最近 janome は使われているようで、できることと簡単にできることは大きく違うし、簡単にできることは、それだけで価値のあることだな、と思う今日この頃。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まじめに働いたら普通に暮らせる世の中になって欲しい [日記]

随分前の記事なんだけど、ずっと気になっている、↓この記事について考えていること。
https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/gakureki-bundan?utm_term=.iwZ0wxPNp#.bqBYbz7jK

三世代同居で高校卒業まで一緒に暮らした祖父は、明治34年(1901年に)農家の三男に生まれ、尋常高等小学校を出た。
若い頃は肉体労働で稼ぎ最後は雑木林を開墾して農家になった人だ。
昔話に出てくる良いお爺さんの典型のような働きもので、僕が物心ついた時には 70歳は超えて息子に代を譲っていたが、よく働いていた覚えがある。
102歳で亡くなる年まで、杖をついて庭に出て、芝生に座り込んで手の届く範囲で草を取ったり春先にやってくるツバメの巣に猫が来ないように軒下においた椅子に腰かけて番をしていた。

父は昭和15年(1940年)生まれ。ちょうど姉3人妹3人の真ん中の男一人で、生まれた時から跡継ぎと言われ、小学校の頃から親の手伝いで開墾をして、農業高校を卒業した時点では祖父も高齢だったので、すぐに大黒柱として働いたようだ。

僕の尊敬する先祖2人だが、考えてみると、今のご時世、僕の先祖のように、学がなくても、まじめに一生懸命働いたら財を成すことができる・・・とまでは言わなくても慎ましやかに、普通に結婚して子供を生んで育てるってことが、とても難しくなっている気がする。

結局、僕の息子(現在大学1年生で、もうすぐ2年のはず)の中学の同級生の中で僕が知っている子で高卒で就職した子はいなかった。
高卒で建築関係の、親の知り合いのところに修行に行くと言っていた子は、ワーキングホリデーで海外にいる。高卒で就職して社会に出ることに不安があったのかな、と僕は思っている。勉強は嫌いだったみたいだけど、人当たりが良くて、世話好きで、たまに家に電話してきたときも、非常に礼儀正しかった。今のワーキングホリデーの経験が将来につながるといいんだけど。
専門学校に進んだ子は、あと一年で卒業なんだけれども、就職できるのか、自立できるのか、結婚できるのか心配しているようだ。(心配しつつも、息子とモンハンやってるのだが)専門学校卒が学歴的には高卒ということを、とても気にしている。

自分や自分の子供が大学出て安定した暮らしができればよいというものではない。
大学に行かない子、行けない子が社会の不安要素になるというのは、子供たちが暮らす次の世代の大問題になるだろうし、
「農家の長男として農業高校に進学しろ。大学に行くなんてとんでもない。」
と言われたら従っていたであろう、(そして、その場合の自分の子供は大学なんて行ってなかったであろう)平行世界の自分の問題でもある。

公共住宅政策でも、最低賃金政策でも、医療保険の拡充でも、自分の負担が上がってもいいんで、(勉強が嫌いでも)まじめに働いたら普通に暮らせる世の中になって欲しいと祈っている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソフトウェア開発のストレス [日記]

会社でメンタルヘルス研修というのがあって、普段、どんなことがストレッサーになっているか各自で考えるという課題が出た。

工数を見積もりして、その工数をもとに線表を引いて「〇月×日にできあがる」というスケジュールが出来上がり、いざ開発を開始するという最初期の
「これ、本当に期限通りに終わるの?」
というプレッシャーは、何年やっていてもストレスだなぁ、と思う。

項目ごとの工数を見直してみても、それほど無理な話じゃない。むしろ多少余裕もあるつもりだ。
それでも、過去の炎上プロジェクトを思い出して、想定外のあんなことやこんなことが起こったらどうしよう・・・と思わずにはいられない。
多くの場合は、それは杞憂に終わるし、心配したところで何も変わらないので、そんな心配してもしょうがない。
・・・ということはわかっていても、スタートダッシュで、完成の目途をつけて、それが予定のスケジュールより早めに進行しているところまで来ないと安心できない。
周りからは飄々としているように見えるかもしれないが、自分では結構焦っていて、受託開発の仕事向いてないのかな、と思う。

若い頃の、自らの責任でスケジュールを立て(とはいっても、赤字になるような長いスケジュールは許されない)自らの責任で完成させる・・・
つまり、課長は仕事を持ってきて担当者に丸投げのような体制の会社で、(考えてみれば、工期の短い見積もりをお客さんに出して、できないのは担当者のせいってことにしたら、課長は楽だよな)予定よりも早く終わっても評価されず、遅く終わったら怒られるという環境でのトラウマなのかもしれないし、もともと心配性なのかもしれないけど、この性格は直りそうにない。

この時に書いた http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2012-12-01 アラキさんは最後いつもデスマだったけど、プロジェクトの最初のほうは、希望に満ちあふれ、定時に帰っていた。
「設計がまだ終わってないなぁ・・・ま、今日は帰るか」
と言っていた設計が、当初の想定と違ってやり直しになってたりして、僕は
(最初の頃のあの余裕は何だったんだろう)
と思っていたが、一方で僕はアラキさんの楽観的な性格がうらやましかった。

受託開発じゃなく、自社サービスとか事業会社の内製業務アプリなら、計画はあるにしてももっと気楽にできるんじゃないかっていう気もするけど、僕は弱い人間なんで、スケジュールに対するプレッシャーがないといい仕事ができないんじゃないかという心配もある。

要するに僕は心配性なのだった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Honda Jet と MRJ [日記]

Honda Jet と MRJ は、サイズは違うけれども国産航空機ということで、気になっていた。

Honda Jet は、計画が始まった時
「日本のメーカーが飛行機作れたら嬉しいけど、自動車メーカーが航空機なんて作れるの?」
と思った。
庶民の僕にとって、小型のビジネスジェットっていうのが売れそうな気がしなかったのもあって、ビジネスとしてうまくいかないんじゃないかという気がしていた。
ところが、最近では、同じカテゴリの航空機では世界で一番売れているらしい。
ホンダさん、ほんとうにごめんなさい。

かたや、 MRJ は
「三菱重工はゼロ戦も作ってたし、中型機がこれからの売れ筋らしいから、Honda Jet より大分成功しそうだな」
と思っていた。

MRJ は、何回かの設計変更による延期がなされたあとで、ようやくアメリカで認可を受けるためにアメリカに飛ぶ・・・
というところまできたと思ったら、
「これは、再設計が必要だ~」
ということになって僕はビビった。ソフトウェア開発じゃない世界でも、「ほぼ完成した」と思ったら「設計からやりなおし」とかあるのか。

https://jp.reuters.com/article/mrj-2020-idJPKBN1570M6
https://ktau-ktsc.blogspot.com/2017/01/mrj.html

信じてた僕もわかってなかったけど、三菱重工の人たちも( SIer のように)自分たちで作ってなくて外注丸投げなのかな?

今僕は、ものすごく「完成しない予感」がしているが、MRJ の人には緊張感ないらしい
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000003-awire-bus_all
> 「社外からMRJに対して厳しい指摘を受けても、どうしてわれわれが一生懸命やっているのに、応援してくれないのか、という受け取り方をしがち。現状を正しく認識できていない」
おまえは、頑張ってる小学生か。

そろそろ、注文にキャンセルが出て資金的な行き詰まりが目に見えてきそうなんで、そっから先に注目している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

農家の長男の男尊女卑 [日記]

http://kamekokamekame.net/pyladies/2018/01/15/article.html
亀子さんのブログを見て、
「随分と男尊女卑の世界があるなぁと」
思った。
そいえば、以前西原理恵子さんのエッセイマンガで
「暴力と男尊女卑の土佐から抜け出したいと思っていた」
というようなことを書いていて、本当だったとしてもすげーことぶっちゃけちゃうんだなと思った。

これを↓見直してみると、誤解を招く書き方をしていたと思うので父の名誉のために捕捉しておくと
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2010-07-24-2
そんなに勉強が好きでなかった妹が農業高校を卒業するにあたって、
四年生大学に行くとしてもFランだろうし、わざわざ親元離れて大学に行く必要ないという意味で、兄の進学した程度の大学で本人の情熱があれば、進学させてもらえたのではなかろうか。

僕の高校の時の記憶でも、家庭の事情はあったろうが、男だから、女だから、ということで進学に差があったようには思えなかった。
・・・と思っていたが、考えてみると、特に農家の家だと、
長男は高卒で家業を継ぎ、それ以外の子は進学している家が多いなと気づいた。
昨日、2軒、農家の親戚の家に遊びに行って、久しぶりに伯父伯母と昔話をして楽しかったが、どちらの家も、従妹の長男が結婚適齢期になっていて、
「嫁を見つけて欲しい。嫁は同居してほしい」
ということを言っていた。
親(僕の従妹)だけじゃなく祖父母(伯父伯母)も居る家で、そりゃハードル高い。
正直、従妹が結婚する時も、なかなか農家に嫁に来る人いないだろう、という時代だったのに、まだそんなことやっているのか、と驚いた。

僕は、大学がどんなものかはわからなかったが、できることなら行きたいと思い、父は、どんなものかわからなかったが行かせてくれた。
結果、僕は農家を継がないまま父は死んでしまって、親戚に
「あそこのうちは絶えた」
とか思われているんかな

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の目標 [日記]

今年は、年始に有給休暇を取ったので成人の日まで10連休になったが、びっくりするほど寝正月で何もしないままここまで来てしまった。思い立って、今更ながら、今年の目標を設定しておく。

昨年立てた目標 http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2017-01-01 は、すっかり忘れてしまっていた。
忘れてしまっていたが、https://mokupy.connpass.com/event/71876/ この頃から始めて、 Firebird の Django database backend が(まだ動かないけど) 形になり始めている https://github.com/nakagami/djfirebirdsql ので達成ということにしよう。

今年は、唐突だけど

- プログラミング言語 elixir を少し書けるようになりたい
- それと関連して Erlang をもう少し理解したい

を目標にしよう

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

衰退産業 [日記]

昨年の年末のペットフード協会が発表した日本の犬と猫の推計飼育数でついに猫の飼育数が犬の飼育数を超えた。
数年前から予想されていたことだが、ついに来る時が来たという感じだ。

身も蓋もないことを言わせてもらえば、動物病院からしたら猫はもうからない。
「犬も猫も増えたけど、猫の増加のほうが大きかった」
ならまだいいが、犬の飼育頭数がこの一年で 4.7% 減だそうな。
厳しい。一年で市場が 5%減になる業界だと
「今は生活苦しいけど明日はいいことあるかもしれないから頑張ろう」
という気になれないだろうなぁ。

さらに身も蓋もないことを言うと、犬の中でも小さい犬は儲からない。
昔は、シベリアンハスキーやらゴールデンレトリバーやら流行ったが、今、我が家の雑種の中型犬を散歩に連れて行くと近所で散歩している犬たちの中で一番大きい。

それもこれも、日本が少子高齢化と若い世代の生活が大変なせいで、子供のいる家は中・大型犬を飼わなくなったし、年寄りは小型犬しか飼わないし、年寄りは死んじゃうんで犬を飼っている人が急激に減る。減るにしても予想を超えるスピードで進んでいる。
日本国内の消費者を顧客にする外食、小売りなんかもそうなんだろうなぁ。
どんなに魅力的な商品、サービスでも、年取ってから若い頃より2倍食べるとか、2倍着るとかいうことないだろうしな。

IT業界は、まあいろいろあるんだろうけど、まだ日本でも
「今日よりは明日のほうが良いかもしれない」
と思える。
いい業界だけど、日本の会社や個人を相手にしているとこれもいつまで続くんだろうか?という一抹の不安もある。
あと15年以内に
「あらゆるサービスで情報システムがいきわたってしまったので平凡なプログラマーの需要はありません」
という時代がくるだろうか?

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビで放映された「君の名は。」をようやく見て [日記]

昨日、テレビで「君の名は。」をやっていた。
この一年半の間に、ネタバレ情報を耳にしていたので、サプライズは期待してなかったが、家族が見ていたので一緒に見た。

神職の手伝いもちゃんとやっていて将来も神社の仕事をしそうな三葉が
「カフェも本屋もないこんな田舎出たい。東京に行きたい」
と憧れる描写や、周囲の人たちが親の仕事も含めてお互いの仕事を良くしっているという描写だけじゃなくて、三葉が住む町で、町長と土建屋が仲良くて、んでもって町民が
「町長なんて誰がやっても同じ。交付金の配分が変わるだけで」
と言っている描写もあって、やけにリアルだなー、って思った。
田舎の経済って、地方交付税を元にした公共事業で回ってて、んでもって都会の人はそれをあんまよくわかってないんだよなぁ。田舎のきれいな情景を映しつつ、そんな描写がされるのは珍しいなぁ。

Wikipedia で調べたら監督は、田舎の土建屋の息子らしい。妙に納得してしまった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

労働時間短縮 [日記]

昨年と同様、納会の社長のプレゼンで、今年も炎上案件ゼロという話が出た
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2016-12-30
素晴らしい。炎上案件がなかったことも素晴らしいが、それを成果として出しているのも素晴らしい。
「俺、意外とまだプログラム書けてるな」
と思うことがあるが、きっと若い頃のように夜10時まで仕事するのが普通な環境だったら無理だろうな。

昔の会社でやっていたような、誰も読まないような詳細設計書を書くとか、会議で参加人数分の資料のコピーを取ってホッチキスで止めるとか、やらなくていいことをやらない結果、今は
「(お客さんの)価値に繋がらない不合理なものはやらない」
という感じで、なんとか定時でこなしている。

社内の slack の雑談部屋に書き込んでいて、暇そうに見えるかもしれないけど、意外と必死である。
だからこそ、さらなる時短と言われると「これ以上やらなくていいことあるかな?」と思ってしまう。
その分、収入が減ってもいいなら、短くできるけど、収入減るのは困るんで。

ただ、世の中も
「このままの長時間労働では生活できない(結婚できない、子育てできない)。過労死は会社が訴えられる」
という流れになっているようで
「簡単に残業できなくなった」
「19:00以降の会議は禁止された」
「週に一日はリモート勤務可」
という話はよく聞くし、社会全体が、必死に勤務時間を短くしたり、出社しないでも働けるようにしたりしている空気を感じる。
失われた20年でデフレの時代は
「顧客にどれだけ安く商品やサービスを提供するか」
が勝負だったが、これからは
「どれだけ働きやすい環境を作って、労働者を集めるか」
というのも、重要な企業間の競争になってくるんだろうなぁ。

僕は病気もしないし、子供が病気になることも、家族旅行することも最近はなくて、
「用事がないと有給休暇を取らない」
という感覚でいると、有給休暇が取得しきれずに、消滅してしまう。
それでもいいかなと思っていた時期もあったが、
自分の子供たちがこれから就職して、生きていくためには、そんな世の中はダメで、
自分も、もっと必死に有給休暇を使い切らないといかんな、と思っている。
難点は、僕以外の家族が、あまり休みがなくて、僕だけが休みにしていると、なんとなく心苦しい点。その心苦しさを克服しなくては

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感