So-net無料ブログ作成

tornado + Firebird [tornado]

「tornado + PostgreSQL」http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02-2 の Firebird 版

http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagami/Download/tornado0.2_demos_blog_kinterbasdb.tar.gz

ちょっとした違いにはまって、思ったより時間がかかってしまった。

nginx で wsgi で Django [tornado]

nginx で FastCGI で Django がこれ
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2009-09-15

で、wsgi がこれ↓でいいのかな
http://kbeezie.com/view/nginx-and-django/

tornado + PostgreSQL [tornado]

tornado 0.2 のアーカイブの demos ディレクトリの中に、 blog という MySQL データとやりとりするサンプルアプリがある。
それの PostgreSQL(psycopg2)版
http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagami/Download/tornado0.2_demos_blog_psycopg2.tar.gz

tornado の中に MySQL 用の ラッパー database.py があるが、それと同じようなもの(database_psycopg2.py)を書いた。psycopg2 はカーソルの継承ができるので、ちょっとすっきりしてる。

tornado 本体は、 MySQL 以外のものを切り替えて使うようにできてないけど、せめて
from database import mysql
from database import postgres
と切り替えられるようなファイルの配置になってるとうれしいんだけどなぁ。

tornado の twitter アカウント [tornado]

http://twitter.com/tornadoweb
Twitter アカウントは持ってないのだが、何でも twitter かよ。悩むー。

しかし、twitter は、そのうち廃れると思うので参加しない。
流入する情報量が多すぎて仕事が手に付かなくなりそうなので。

・・・しかし、仕事がない

そうそう、こっちは FaceBook アカウントなんだそうな
http://www.facebook.com/pages/Tornado-Web-Server/144144048921
(FaceBook は人でないものにも人格が与えられてるんだ・・・)

Tornado に kqueue サポートがないとお嘆きのあなたに [tornado]

tornado は、 Linux の epoll に対応してるから速いよ!というふれこみに、 BSD フリークの皆さんは、kqueue サポートが無いことに悔しい思いをしていることでしょう。
ひょっとして、私のように手を染めようと思ってる人もいるかもしれません。

パッチはできてるけど、Python の kqueue が壊れてるって感じらしいですよ。
http://github.com/rphillips/tornado/commit/81511a9d5024da0ccdfd4a849142d80c4bb88a8f
そんなわけで、そのうちには kqueue で動くようになるかと。

Tornado の面白いところ [tornado]

Tornado は、非同期に通信してますが内部でややこしい処理をしてる間はブロックしちゃうみたいです。フロントに nginx を置いて、CPU コアの数だけ Toronado サーバーを立てるのがお勧めらしいです。面白いです。
http://tornado.shibu.jp/deploy.html
「それじゃ、一度に受け付けられるリスクエストが少ない」
と言われたら
「サーバー台数増やせ」
という答えになるんでしょう。富豪です。
多分、 FriendFeed の人は、そういう風にしか使ってないので、問答無用なんだと思います。
 現時点では、サイボウズみたいなパッケージソフトに使うには向いてないでしょう。1台で 48コアとか 64 コアとかで、メモリも 100G とかが普通の世の中になったら、また変わってくるのかもしれませんが。

 で、そういう Web アプリケーションフレームワークとして風変わりなところも面白いですが、ソースコードが 5700行くらい(コメントとか docstring とか除けば 5000行以下?)で、その気になれば、ソースが全部読めちゃうくらいなのが面白いです。
tornado ディレクトリの中で ls するだけで、どこにどんなことが書いてあるか大体わかります。楽しいです。
ats さんが編集部に入り浸っていたという、「マイコン Basic マガジン」い掲載されていたソースを読んでいた中学生の頃を思い出します。

なかなか、このサイズで完結してそれなりに役立つソフトウェアというのはありません。
Tornado は、これから色んなソースがマージされて行くんでしょうが、是非、10000 行以下をキープするようにしてもらいたいものです。
中学生になったら息子に読ませるので。

My first tornado [tornado]

1行テキストを入力して submit すると、その内容を表示するだけ。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagami/Download/my_first_tornado.py