So-net無料ブログ作成

衰退産業 [日記]

昨年の年末のペットフード協会が発表した日本の犬と猫の推計飼育数でついに猫の飼育数が犬の飼育数を超えた。
数年前から予想されていたことだが、ついに来る時が来たという感じだ。

身も蓋もないことを言わせてもらえば、動物病院からしたら猫はもうからない。
「犬も猫も増えたけど、猫の増加のほうが大きかった」
ならまだいいが、犬の飼育頭数がこの一年で 4.7% 減だそうな。
厳しい。一年で市場が 5%減になる業界だと
「今は生活苦しいけど明日はいいことあるかもしれないから頑張ろう」
という気になれないだろうなぁ。

さらに身も蓋もないことを言うと、犬の中でも小さい犬は儲からない。
昔は、シベリアンハスキーやらゴールデンレトリバーやら流行ったが、今、我が家の雑種の中型犬を散歩に連れて行くと近所で散歩している犬たちの中で一番大きい。

それもこれも、日本が少子高齢化と若い世代の生活が大変なせいで、子供のいる家は中・大型犬を飼わなくなったし、年寄りは小型犬しか飼わないし、年寄りは死んじゃうんで犬を飼っている人が急激に減る。減るにしても予想を超えるスピードで進んでいる。
日本国内の消費者を顧客にする外食、小売りなんかもそうなんだろうなぁ。
どんなに魅力的な商品、サービスでも、年取ってから若い頃より2倍食べるとか、2倍着るとかいうことないだろうしな。

IT業界は、まあいろいろあるんだろうけど、まだ日本でも
「今日よりは明日のほうが良いかもしれない」
と思える。
いい業界だけど、日本の会社や個人を相手にしているとこれもいつまで続くんだろうか?という一抹の不安もある。
あと15年以内に
「あらゆるサービスで情報システムがいきわたってしまったので平凡なプログラマーの需要はありません」
という時代がくるだろうか?

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感