So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

シャーロッツビル [日記]

バージニア州で白人至上主義の団体が集会を行い、それに反対する集団と衝突して、一人死亡を含む重軽傷者多数の事件は、シャーロッツビルの暴動と呼ばれるようになるようだ。

とんがり帽子のマスクをつけている KKK は、僕が子供の頃に何かの本で見たイラストの(それは、漫画に出てくる KKK をモチーフにした悪の秘密結社だったかもしれない)団体で、まだ白人至上主義の教義を維持しながら活動してたのに、まず驚いた。
バスボイコット事件に端を発した公民権運動ですら 60年も前の話やで!

トランプ大統領の
「人種差別主義者も悪いが、暴動を起こしてリー将軍の銅像を壊した奴らも悪い」
は、白人至上主義者を擁護したととられて非常に不評だったらしい。
地方の白人を支持基盤にするトランプさんとしては、白人(至上主義者)だけを一方的に非難するのは難しかったんだろう。

白人のエスタブリッシュメントは白人至上主義者を非難し、有色人種初の大統領だったオバマさんは融和を訴えた。結局みんなポジショントークで、白人が白人を擁護するようなことは非難されるから言えないし、オバマさんが白人至上主義者を非難するのは、反感を買うだけなのでできない。
でも、自分たちは損してると思っている南部の貧乏な白人は、そりゃそんな言葉じゃ納得できないんだろうなぁ

人種差別はダメといいつつ、人種間の混血の進まないアメリカ。やっぱ誰も言わないけど差別的な感覚あるんだろうなー。多民族国家なのに人種のサラダボールのままで、にっちもさっちもいかなくなっている。これ、どうなっちゃうの?
もしも、自分の子供がアメリカに留学したいといい始めたら、少し前なら安直に応援したんだろうけど、今だと悩んじゃう。

IT系の仕事をしていると「アメリカで働きたい」と言う人がいるけど、もうそんな時代じゃなくなって、アメリカが IT の最先端じゃなくなっちゃうのかな、という予感がしている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

50歳になった [日記]

昨日、50歳の誕生日だった。50歳の誕生日から祭日になった。子供の頃、自分の誕生日が祭日になるなんて思わなかった。
50歳になった自分の未来について考えてた。
いろいろ考えた結果
「俺は、このまま徐々に衰えていって、死んじゃうんだろうなぁ」
という結論に至った。
別に、ほかの誰かと競う気はないが、昨日の自分は超えたいと今でも思ってはいる。でも、それがなかなか難しそうだ。
そして、最近は芸能人でも昔の同級生でも少しずつ死んだり、大病を患ったりする人がいて死ぬことが身近であたりまえのものになってきた。
歳をとるってそういうことだな。

40歳になったときは、
「まだまだ 30代とくらべて負けてないし、35歳定年といわれつつ、まだまだいけそうじゃん?」
と思った。
30歳のときは
「20代という若者の称号はなくなったけど、俺は、まだまだこれからだ」
と思った。
最近、年齢的に子供達が立派になって
「あー、あとは金さえあれば子供は育って、俺が死んでも立派に生きていきそうだなぁ」
と思えてきたのが、自分が死ぬことを意識した一因なのかなあ、と思うし、そうであるならば喜ばしいことだ。

残りの人生で僕ができることは、プログラムを書くことくらいしかないと思う。
もう、獣医をやることなんてコンビニでバイトする以上にありえない。

でもまだ、プログラミングという天職が見つけられてよかった。
時が過ぎるのは速くて、おそらく僕の歳でも
「生涯をかけてやりたいことが見つからない」
っていう人って結構いるんだろうなぁ

能力は凡庸かもしれないが、いまだにプログラミングは楽しいし飽きないし、もう少しはできそうだ。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「すらすらわかる Python」と「いちばんやさしい Python の教本」 [Python]

ス>ラスラわかるPythonいちばんやさしいPythonの教本 人気講師が教える基礎からサーバサ
イド開発まで (「いちばんやさしい教本」シリーズ)








同時期に2冊の Python の入門書が出版されるらしい。それぞれ、の違いとしては以下のような感じかな。

スラスラ

- クラスを作るなど、多くの Python の機能を説明してない
- 読み物っぽくなっていて、スラスラ読める
- 説明するところを極力減らして、最初にプログラミングをするときにくじけないようなしている
- 役に立つプログラムを書くというよりは、まずはプログラミングとは何かを解説している
- レビューした

いちやさ

- カラー刷りでわかりやすくしようとしている
- 外部パッケージの説明も少しある
- スラスラよりは説明の範囲が広い(bot, Webプログラミング・・・)
- でも、やっぱりクラスを作るところなど説明しないで極力、説明する分量を減らそうとしている
- リスト中のスペースの表示が記号でわかるようになっているのがわかりやすいかも
- 自分の所属している会社が書いた

どちらも、かなり初心者向きで、
- スラスラは読み物っぽく、最初のプログラミングでくじけないようにしている
- いちやさはビジネスマンの読む Office解説本みたいなテイストになっている
という微妙な違いがあって、どちらが良いかは一概に言えなくて、本屋で見て比較してから買ってもらえると良いと思う。

職業プログラマーとして Python を書くのであれば、内容はまったく不十分。
しかし、自分でちょっとデータ処理をしたい、既存のライブラリーを使いたい、ということであれば、データ構造にリストと辞書があって、関数が定義できれば十分といえる。
クラス定義などの説明をざっくり省略することでわかりやすくしようというアプローチは僕にとっては目からうろこだった。
そういう本が2冊も同時に出るっていうのは、Python の裾野がものすごく広がっているんだなぁー、と思ったことであった
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタンプと子猫 [家族]

母親は、鼻にスタンプを押したような模様があるのでスタンプと名付けられた。
子猫は、サバトラ、サバトラ白、黒の三匹でそれぞれオス、オス、メス。名前はまだない。
かみさん曰く、子供は8週になってない(推定6〜8週)ので、おそらく人に慣れる
2017-08-05T06:46:28.jpg2017-08-05T06:46:28.jpg

http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2012-03-28
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2009-06-20
我が家の猫保護の歴史↑に新たなる1ページが・・・

今回は本当にしょうがなかった。どうしようもなかった。
「最近、隣のマンションのあたり?で猫が鳴いてるねー。どこかなー」
とか家族で言っていたら、庭の物置の下にいた野良猫がいた!しかも、母猫と乳飲み子3匹も!

家庭環境的に捨て置けないので、ワナで母猫を捕獲して避妊して耳カットして、子猫も餌でおびき寄せて無事捕獲成功。
もういいです。母親はしょうがないです。母親はうちで飼います。
先客が猫二匹と犬二匹いるんですけど。

でも、できることならば子猫は、子猫は誰かもらってくださいー
もちろん親猫も飼ってくれるならうれしいです
あ、千葉県船橋市在住で、近県なら行きます。
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ