So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

都会っ子で私立高校の息子ずるい。田舎出身の県立高の子頑張れ [家族]

自分の息子を見ていると、やっぱり昔の自分のような田舎の高校生と環境が違うなぁ、と思う。
僕は両親は高卒で親せきに大学に行った人はあまりいなかった。
地元の県立高校に進学したら、自助努力で大学へ行けという雰囲気。
進学クラスがある一方で商業科や家政科が併設されているし普通科で専門学校に行く子も結構いた。
通えるところに予備校がなかった。そもそも自分は小中高と学習塾に通ったことがなかった。
みんながみんな「大学にいくぞー!」という意気込みでもなく、大学に行くメリットもあまり感じなくて、わけわからないまま大学目指して自分なりには頑張ったつもりだったが、所詮、田舎の子の考える頑張りだったと思う。

息子は都会の私立高校で、大学受験のサポートが(少なくとも僕の出た田舎の公立高校よりは)手厚かった。
両親は大卒で大学に行くのは当たり前と思っている。生徒もみんな大学に行くのはあたりまえと思ってて、そりゃ心構えが違う。

そして、なによりも通えるところに有名予備校の校舎があって名物講師の講義が受けられたのがずるい。
やっぱ、教えるのうまいんだなーと思うのと同時に勉強する楽しさを教えてくれてたと思う。
MOLECULAR FRONTIERS SMPOSIUM というのに参加したのも予備校の講師の紹介だった
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2016-10-10
地方の県立高校のほうが、実験なんてやらずに無味乾燥な詰込み授業だったと思う。

そういえば、学校の企画で高校2年の夏休みに短期の語学留学に行った。
息子にとっては受験英語には役立たなかったかもしれないけど、とてもいい経験だったと思う。
自分の高校の頃なんて外国人を見ることだってほとんどなかったのに、都会の私立高校生ずるいと思った。
(行かせてるのは俺なんだけど)

田舎に住んでいて、東京のハイレベル国立に合格した同僚の Kame-chan は、本当にすごいと思う。みんなもっと Kame-chan を尊敬したほうがいい。

中国人留学生 http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2017-07-26 と同じく
「地方から来た同級生にも親切にしてあげてね」
と息子には言っているんだが、息子曰く地方出身者はあまりいないらしい。
そして、たまーにいる地方出身者は中高一貫校だったりして
「それ、私立の進学校じゃねーかよ」
とうい状態。
田舎の県立出身の子もいるはず。頑張ってほしい。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国人留学生 [家族]

息子の学科には、外国人留学生が4人はいるそうな。おそらくは全員中国人。
僕は、最も外国人が留学するメリットのない学科にいたので、もの珍しい。
自分の学年はもとより先輩、後輩合わせて僕の知っている範囲で外国人留学生はいなかった。

中国の名門大学はあまりにも難関で、日本の大学に留学する人が多いというのをテレビでやってた。
日本に中国人が大学受験するための予備校があるんだそうな。
東洋経済の記事にもなってた http://toyokeizai.net/articles/-/138383

優秀だから、なんとかしてやりたいと、大切な一人息子、一人娘を単身、海外にやる親の気持ちはどんなだろう。

息子には
「何か、困ってそうなら話しかけてあげなよ」
とお願いしておいた。

「数学の講義の後で困ってそうだから、『何を困っているの?』と聞いてみたが、相手の日本語も片言だし、自分も数学を人に教えられるほどではなかったので、よくわからなかった」
という話をしてくれた時があった。
直接の困りごとの解決はできなかったのかもしれないが、声を掛けてあげられて、僕が嬉しかった

この前、
「英語の時間は、3回欠席すると単位取れない」という話をしているときに、「その英語の時間に、外国人の子たちがみんな欠席してるときがあったから、後日『あの時、なんでみんなで休んでたの?』って聞いたら、ビザか何かの手続きがあってとか言ってた」っていう話をしてくれた。
そういう、勉強以外の世間話をする日本人の同級生がいたら、何か困ったときには相談してくれるだろう。
偉いぞ、息子。

今日、息子は微積のテストがあった。
「微積のテストできたよ。最後の講義の時に『この問題の類題が出ます』みたいなことを言われたけど、その問題の解説がなかったんで分らなかったんだけど、中国人の子に解説してもらったんで、今日答えられたよ」
って言ってた。やっぱすごいな中国人!
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みずほの夏 [日記]

みずほの統合システム開発が
「完成はしたけど、念のため入念にテストします。なので、リリースはまだしません」
という謎な状態になって
https://it.srad.jp/story/16/08/09/1751202/
本当の期限がわからなくなってしまっているのが今の状態。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/111900724/

うやむやのままにはしておけないので、この夏にはなんらかの情報が公開されるだろう、ということで注目している。

報道されている内容と 2ch の信用のおけない情報しか情報源がなくて、根拠はないんだけど、サブシステム間でシステムテストをしてみたらさっぱり動かなくて、まったく使い物にならないことが誰の目にも明らかでごまかせなくなるんじゃないかと思っている。

ここまで費やしてきた時間とお金がまったく無駄になって 3000億だか4000億だかを減損しなくちゃいけなくなったら、新たなる金融危機だし、訴訟も起こるだろうけど、使い物にならないんじゃしょうがない。
減損も訴訟も恐ろしいことだけど、それよりも恐ろしいのは、2000年頃からシステム統合について検討しているのに担当している人たちは何ら専門的なスキルを持たないまま、ここまできてしまって、あとは訴訟の法廷で泥沼の戦いをしたら、もう役職定年の年になって、その人のキャリアもおしまいなのかな。

それから恐ろしいこともう一つ。 20年近くかけて「このやり方では新しいシステムは作れない」ということがわかって、社内には、そのノウハウをもった専門家もいなくて、運用にコストはかかるし、動かしているコンピューターは寿命で壊れそうで・・・どうなっちゃうんだろう。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

民間療法 [父のがん]

歌舞伎俳優の奥さんが癌で亡くなったとか、標準療法がおこなわれていなかったとか聞いて・・・

父が、末期がんだと医者に告知された直後に、医者向けの治療の本を何冊か読んだ。
専門医向けの難しいやつじゃなくて、
ここまで浸食してたらレベルいくつで予後不良とか、
患者には、現状とこれから先の治療方針を率直に説明したほうがいいとか書かれてる本。

これから医者が家族に説明することの理解の助けになれば・・・と思って読んだ。
父も、(その前に肝臓がんで亡くなった義父も)抗がん剤治療の合間に一時帰宅したりして、(もちろん、無理な放射線治療や抗がん剤治療はせずに)標準的な治療がなされたようで、僕としては満足な治療だった。
もちろん、もっと長く生きられ、できれば寛解すれば素晴らしいんだけど。
本人や家族への説明もきちんとされたと思う。

んで、その時に読んだ本の中で
「患者や家族がビタミン投与などの治療を聞きつけて、そういう治療を求めてきたときには、差支えない範囲で応じてあげましょう」
「民間療法を行っていることを聞いても、(自分たちが行っている標準療法をしている限りは)否定しなようにしてあげましょう」
というようはことが端々に書いてあって、(一生懸命治療しようとしている医者にとっては腹立たしいことであろうに、そういう表現はせずに書いてて)お医者さんも大変だなー、
って思った。

川島なお美さんも、スティーブン・ジョブズも民間療法にはまって、寿命を縮めたと思う。
ジョブズは最終的には治療したが、治療が遅れたことを後悔していた、とも聞いた。
金があっても、医療技術が発達してもどうしようもない。人間の知恵の限界なのかなあ、と思ってしまう。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その核兵器使えるの? [日記]

国連総会で核兵器禁止条約が賛成多数で可決された。
ただし核保有国や核保有国に守られている日本は、条約に参加しないとのこと。

賛否はいろいろあるんだけど、それはさておき米国の核兵器は使えないと思っている。
それは、人道的な理由とは別の技術的な理由で。

少し前に、国際宇宙ステーションで船外活動に使っている宇宙服が、40年前に作られたものの残りの11着で、耐用年数をとっくに過ぎても使っているとニュースでやっていた。
予算がないって言ってたけど、もう具体的な加工技術とか継承されてなくて、作るにしても設計からやりなおしだろうな。
スペースシャトルは、初期に作られた機体を耐用年数過ぎても使い続けて、予備機や部品を使うだけ使って、終わった。僕が小学生の頃に見た計画では、今頃は、機体はたくさん製造されて毎週のように宇宙にものを運んでいるはずなのに。

日本でいうと、先日、実験して放置されていたプルトニウムの入れ物を検査しようとして原子力機構の作業員が被ばくする事故があった(大きな人的被害はなかったようでよかった)

きちんとした完璧なマニュアルは残せないし、マニュアルが残っていても正確にノウハウを継承することはできない、って感じている。

アメリカは(条約に従って)核実験を臨界前までにとどめて、その実験結果をもとに計算機を使って既存の備蓄している核兵器の性能を検査しているらしいけど、そのシミュレーションって本当にあってるの?だいたい、アメリカ大統領と一緒にいる核のフットボールって、本当にちゃんとスイッチ入るの?
一度も使われてないんだから怪しいものである

今、もっとも確実に使える核兵器を持ってるのって北朝鮮なんじゃないかと思う。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ