So-net無料ブログ作成
検索選択

部課長のレア度 [日記]

僕が大学4年の頃がバブルのピークだった(僕は大学に6年行った)。
大卒の半数以上が一部上場企業に内定貰ったとか、そんな時代だったと思う。
そのあと、失われた10年だか20年だかの間、採用が抑えられ続けた。

内規の変えられない大企業では、2~3年で1等級あがって6等級上がったら課長、みたいなルールのまま時が過ぎたところがあって、課長だらけの会社ってのも見かけたことがある。
検索すると、僕の見かけたのより課長だらけの会社も結構ある
https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E8%AA%B2%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%A4%9A%E3%81%84%E4%BC%9A%E7%A4%BE
「そんなんじゃ課が足りないんじゃないの?」
という心配は無用で、そういうところはだいたい、組織改編で3つくらいの部が統合されて事業部になって、課が廃止されている。
事業部に事業部長は一人なんだけど、部下無しで事業部付きの部長と事業部付きの課長がいっぱいいる状態ができあがる。

いつの頃からか、課長の名刺渡されても
「この人、意外と年取ってるんだ」
としか思わなくなった。

以前の仕事では、その大手ベンダーは36協定があって、平社員は残業の制限があるからと、(作業が長時間にわたる夜間の)ネットワーク機器のリースのリプレースに来たネットワーク技術者が課長級だらけだった、ということがあった。
「実際には裁量労働の権限ないんだから会社訴えたら残業代出るんじゃないの?」
(それに、みなさん、どこか体悪いところ抱えてるみたいだし・・・)
と思ったが、その人たち、おそらくは年収1000万は超えてて、なにより、そんなにめっちゃ働かされてても、
「一部上場のエクセレントカンパニーの課長(なので残業代がつかない)」
であることが嬉しいので、文句など言うわけもなかった。
あの人たち、給料が同じで課長じゃなくなったら奥さんに離婚されちゃいそうだった。

部長は、というと同じように等級があがって部長になるわけだけど、実作業もできないので、できることは
「炎上案件でトラブったときに謝りに行く」
仕事。お客さんのほうは、さすがに部長が来るんなら、せめて課長が対応しないといけないってことになるので、めんどくさい。
それでいて、部長が謝りに来ても、べつに何かがわかっているわけではなくて何も解決しないので、顧客側の担当課長としては迷惑なんじゃなかろうか。
まあ、僕は課長だったことがないから知らないんだけど。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0