So-net無料ブログ作成

家庭の味なんていらない [日記]

僕が子供の頃は社会全体が今よりも貧しかった。
僕が小学校一年生の頃の初任給は、高卒は6万大卒は7万くらいだったらしい。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413026089
その頃の田舎で、しかも農家の現金収入はさらに少なかったと思う。
単純な話として、今より肉食べてなかったと思うし、
テレビドラマでも普通に貧困が描かれていた。

あの頃に比べたら失われた20年といっても随分豊かになったという感覚はあるのだが、
親として見るとやっぱり色々な家庭事情の子がいて、貧困の撲滅っていうのは無理なんだろうなぁって思う。
以前の新聞の報道で(給食がないので夏休みになると痩せる子がいるというのを見かけた。

前から思っているんだけど、朝食と夕食も、学校給食の枠組みで希望者に無料で出せないだろうか。
そもそも、給食だって無料にすればいい。
有権者の人気取りのために、児童手当を一人当たり1~1.5万支給しているのをやめて
直接、地方自治体に交付金として回せば資金が効率的に使えると思う。
朝食と夕食は任意にして、家庭の味を大事にしている家庭の子は、朝晩は家庭で食べればいい。

共働きで、家を出るのが一番最後になる子もだいぶいる。
さらに話を進めて、そういう子は、親と一緒に家を出て、学校で自習して朝ご飯食べられるように、
低学年の子は保育の機能も併せ持って、10時でも11時でも親が迎えに行くまで預かるようにできないかな。

家庭の味、子育ての基本は家庭、とか言ってないで、日本は貧しくて時間的な余裕もないってことを理解してほしいなぁ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0