So-net無料ブログ作成
検索選択

フラウ・ボウと娘のこと [家族]

娘の公立高校の合格発表だった。落ちた。
倍率も2倍を超えて落ちる人の方が多いので、親としては、あまりがっかりしていない。
千葉県のシステム的に、あともう一回公立高校を受けるのだが、本人には悪いがあまり期待していない。
併願していた兄の行っている私立高校に合格していて、その高校に行けることで親は十分満足してる。
娘が2回落ちて私立に行くことになって劣等感を持つことにならないか、それだけが心配だ。

息子は、高校受験の時どうしても国語と社会の成績がダメで公立は諦めて早くから私立単願を目指していた。
それでも中学の最後の成績が出るまでは、内申点の成績がギリギリで受験できるかどうかわからなかった。
つまり兄がなんとか入学できた高校に娘は余裕で合格している。

学校の成績からしたら同級生や先生には意外に見えたのかもしれないが、親は娘が落ちそうな予感はしていた。
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2015-03-31数学でも英語でも問題の意図を理解するのは息子の方が得意で、娘はいつまでたっても雰囲気で回答している。
家族間でも息子の方が頭が良いということになっている。
成績から言ったら逆なのだが不思議な感覚だ。

兄と同じ高校に行って同じ予備校に行っても娘はパッとした大学には行けない気がしている。
息子には内部進学や推薦で進学はしないで欲しいと思っていたが
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2017-02-14
娘は、そこそこの大学への推薦が決まるんならその方が嬉しいなと今のうちから思ってしまっている。
それは「女だから」というわけではない
(・・・と思っているが、実は娘には苦労させたくないと無意識に思っているのかな?)

優しくて、よく気がついて真面目でいい子だなと思うが、親がハッとするようなひらめきを感じない娘はフラウ・ボウタイプだなと思う。
願わくばハヤトのような人と結婚して平凡に暮らして欲しいよ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました