So-net無料ブログ作成
検索選択

プログラマーという職業は日本人向きだと思うのだが [日記]

パソコン少年だった高校の頃に思った。
資源のない国で、そしてほとんどの人が高校まで卒業して高校数学くらいまではやっている日本は、ソフトウェア開発を新たな産業にするのには向いているんじゃないかと。
実際僕は、大学で学んだことは今の仕事には全く結びついてないので、就職の機会さえ与えられるのなら高卒でもいいのかもしれない。

そんなことを考えていた時代から 30年。
日本の状況は全く逆の IT 後進国になってしまっている。
ITの需要は増え続ける一方なのに。

なんでだかわからないけどプログラマーという職業が割と下に見られてしまっていて、若者に人気がないのは大きな理由だよな。

そして最近では、スマートフォンの普及に反比例して家庭のインターネット回線やパソコンの普及率が下がっていているそうな。

最近は、子供にプログラミングを教えるのが流行りなんだそうだが、
(世間一般には、あまり良い職業と思われてない気がするが)
行かせている親は将来の手に職になると思っているんだろうか?
それに、小学生にプログラミングを教えるくらいなら、算数とか折り紙とかやった方がいいと思うんだよなぁ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0