So-net無料ブログ作成
検索選択

DB2 Express-C 11.1 を Ubuntu16.04 にインストール [RDBMS]

唐突に DB2 を手元の Ubuntu 16.04にインストールしようと試みる。

サイトは、URL が変わると困るので、ぐぐって DB2 Express-C 11.1 のダウンロードサイトを探してもらうとして、IBM ID というのを登録(メールアドレスとパスワードと国を入れるだけ)するとDB Express-C 11.1 というのがダウンロードできるようになる。

Linux 版と Windows 10版があって、v11.1_linuxx64_expc.tar.gz をダウンロードした

インストール手順は
- http://www.infoscoop.org/blogjp/2014/04/30/install-or-upgrade-db2-on-linux/
- http://dbtk.jp/2016/06/05/db2-express-c-on-ubuntu/
あたりを参考にした(主に下のやつ)

なんか、64bit 版だし、インストールしなくていいものもあるような気がするけど、
試行錯誤している余裕もないので、参考情報をもとに、
以下のようなパッケージをインストール(とユーザーを2つ追加)した

sudo apt-get install libpam0g:i386
sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install libaio1
sudo apt-get install ksh

sudo groupadd db2iadm1
sudo useradd -g db2iadm1 -m -d /home/db2inst1 db2inst1
sudo passwd db2inst1

sudo groupadd db2fadm1
sudo useradd -g db2fadm1 -m -d /home/db2fenc1 db2fenc1
sudo passwd db2fenc1

インスタンスユーザー(今回は db2inst1)というインスタンスの所有者のユーザーと
fencedユーザー(今回は db2fenc1)というユーザー定義関数やストアード・プロシージャーを実行するユーザーが必要らしい。

次にB2 のインストール

tar zvf v11.1_linuxx64_expc.tar.gz
cd expc
sudo ./db2_install

インスタンスの作成
sudo /opt/ibm/db2/V11.1/instance/db2icrt -u db2fenc1 db2inst1

ポートの設定
/etc/services に
db2_db2inst1 50000/tcp
を追加

以下、
$ su - db2inst1
として
db2inst1 ユーザーで実行

サービスの登録?
$ db2set DB2COMM=tcpip
$ db2 update dbm cfg using SVCENAME db2_db2inst1

サンプルデーターベースの作成
$ /opt/ibm/db2/V11.1/bin/db2sampl

必要なインストールはここまで


サービスの起動
$ db2start


コマンドラインプロセッサーを起動して接続&SQL実行
db2inst1@ubuntu1604:~$ db2
(c) Copyright IBM Corporation 1993,2007
Command Line Processor for DB2 Client 11.1.0

You can issue database manager commands and SQL statements from the command
prompt. For example:
    db2 => connect to sample
    db2 => bind sample.bnd

For general help, type: ?.
For command help, type: ? command, where command can be
the first few keywords of a database manager command. For example:
 ? CATALOG DATABASE for help on the CATALOG DATABASE command
 ? CATALOG          for help on all of the CATALOG commands.

To exit db2 interactive mode, type QUIT at the command prompt. Outside
interactive mode, all commands must be prefixed with 'db2'.
To list the current command option settings, type LIST COMMAND OPTIONS.

For more detailed help, refer to the Online Reference Manual.

db2 => connect to sample

   Database Connection Information

 Database server        = DB2/LINUXX8664 11.1.0
 SQL authorization ID   = DB2INST1
 Local database alias   = SAMPLE

db2 => select * from staff where dept = 20

ID     NAME      DEPT   JOB   YEARS  SALARY    COMM
------ --------- ------ ----- ------ --------- ---------
    10 Sanders       20 Mgr        7  98357.50         -
    20 Pernal        20 Sales      8  78171.25    612.45
    80 James         20 Clerk      -  43504.60    128.20
   190 Sneider       20 Clerk      8  34252.75    126.50

  4 record(s) selected.

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました