So-net無料ブログ作成
検索選択

火星の人 [読書]

火星の人 (ハヤカワ文庫SF)読了

映画化されて、日本で「オデッセイ」というタイトルでロードショーが始まるところらしいが、それの原作。
かみさんが文庫本を買って読んで面白かったと言ったので読んだ。

一言で言うと火星に取り残された主人公が地球に戻れるように頑張るという話。
ハイパードライブで亜光速とか超高速で宇宙旅行をする SF とは違って、今知れ渡っている技術レベルで火星に人が探査にいったら・・・という仮定で描かれたハードSFっていうやつ。

近未来というより、平行世界の話で、NASA とか JPL とか現実の機関の人たちが登場して、それっぽくストーリーが進むところが面白い。

何より良いのは、悪者が出てこないこと。
誰かが誰かのために犠牲になって、お涙頂戴みたいなところも良い。

楽観的でチャレンジャーな人たちの活躍する、いかにもアメリカ人が喜びそうなストーリー。
なるほど、これはハリウッドで映画化されるわ。

いろいろな情景が、どういう風に映像化されるのかちょっと気になる。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0