So-net無料ブログ作成
検索選択

Mono 4.2 をインストール [DotNET]

ずっと昔の Ubuntu に apt-get で Mono2.4 をインストールした頃の記録
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2009-06-30

この頃 Firebird の ADO.NET のドライバーのDLLをダウンロードしてきて
mono 上の IronPython から動かそうとしてた。
バイナリーでダウンロードした DLL と IronPython で Windows Forms が Mono で動いて、「Mono すげー」と思った記憶。

今回、その ADO.NET のドライバー自体をコンパイルできないかと思い立った。
https://github.com/cincuranet/FirebirdSql.Data.FirebirdClient

なんでも、いまは MS の C# は 6.0 というバージョンだそうで、 Ubuntu 14.04 に apt-get で入れられるものは C# のバージョン古くてコンパイルできない(っぽい)

Ubuntu 14.04 に最新の tarball からインストールしてみる

$ wget http://download.mono-project.com/sources/mono/mono-4.2.0.179.tar.bz2
$ tar -xvf mono-4.2.0.179.tar.bz2
$ cd mono--4.2.0
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ sudo make install
を実行して /usr/local/ にインストール
$ xbuild /version
XBuild Engine Version 12.0
Mono, Version 4.2.0.0
Copyright (C) 2005-2013 Various Mono authors

$ cd FirebirdSql.Data.FirebirdClient/NETProvider/src/FirebirdSql.Data.FirebirdClient
$ xbuild  FirebirdSql.Data.FirebirdClient.csproj
でsrc/FirebirdSql.Data.FirebirdClient/bin/Debug/FirebirdSql.Data.FirebirdClient.dll
ができて、ちょっと試した感じでは、普通に動くっぽい。Mono すごい.

Mac だと
http://www.mono-project.com/download/#download-mac
なぜだか 「Mono Preview package for El Capitan (OS X 10.11)」と書いてあるほうが Mono 4.2.0.179 のインストールパッケージらしく、ダウンロードしてインストールすると Yosemite (OS X 10.10)で普通に動く

Mono の C# コンパイラは mcs という名前らしい
http://atsushieno.hatenablog.com/entry/2014/12/11/000240
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました