So-net無料ブログ作成

はじめての GitHub を観察して [Python]

昨日の
第8回 Pythonもくもく会 @アライドアーキテクツ(恵比寿)
http://mokupy.connpass.com/event/14343/
で、nobolis さんが、はじめての Git で、はじめての Github で英語ドキュメントを和訳して Pull Request を投げようとしていた。

参考にしていた書籍は「GitHub 実践入門」
http://gihyo.jp/book/2014/978-4-7741-6366-6
この書籍の選択は良かったと思う。
(頭のいいひとは、参考書の選択を間違えないなぁ)

「きれいな Patch にしてから Pull Request を出すという流儀もありますが、それは大変なのでとりあえず今日は歴史を修正しないで Pull Request を出せばいいんじゃないですか」
という話をした。
最終的に、とりあえず一回ドキュメントの Pull Request を出していた。
途中で色々試行錯誤していたようだったので、そこまでたどり着いたのはすばらしい。

横で観察していて

- Upstream からの fork
- Fork した自分のリポジトリからの clone
- ローカルリポジトリでのブランチ作成、修正、add、 commit、 push
- 自分のリポジトリから Upstream への Pull Request
- その他、適宜 pull

と、ひとつひとつはコラボレーション(他人の足を踏まずに作業する)のためには意味があることなのだけれども、初めての人のは手順が多くて大変だなあ、ということを再認識した。
GitHub のfork が、Git 的には clone と同じというあたりがややこしい。

いままでは Subversion はおろか、RCS までさかのぼったどんな VCS も使ったことないところからだったから、さぞかし大変だったろう。
(・・・ひょっとして、過去の歴史を知らないほうがわかりやすいのかな?)

最初に EUC-JP で修正したテキストをコミット& push して文字化けしてた。
僕にとっては馴染みのある失敗なのだが、ああいうのを IT業界でないひとが、周囲にいる人に聞かずに一人で解決するのは大変だろうなぁ。

最近、仕事では GitHub にリポジトリがあるという話をよく聞く。
使い方を教えなくても、皆が知っているということはやりやすいことだろう。
気がつくと、GitHub は使えてあたりまえという時代になっていた。
OSS もGitHub にホスティングするものが特に最近急激に増えてきた。
オープンデータやオープンなドキュメントをGitHub に公開している
例もちらほらあって、もうソースコード開発のためだけのものじゃない。

最初に GitHub というサービスを知ったときには、OSS開発者の中の尖った人だけが使うものという印象だったが随分と広がりを持つようになって、僕は全く見る目がないということを思い知る今日この頃

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0