So-net無料ブログ作成
検索選択

バブルのおわり [お金]

ITベンチャーとか、アカデミック系のベンチャーの投資バブルもそろそろおわりじゃなかろうか。

1990 年代はじめの、いわゆる「バブル崩壊」のとき、ある日突然、山一証券がつぶれたり、住専やらノンバンクやらの資金繰りが苦しくなった。
・・・ように僕には見えた。

だけど、いま思うと、あの頃の関係者は自分がトタン板の上のネコで、もうこのままじゃ済まないけど引き返せないとこまで来ているのは誰よりもわかっていたように思う。
わかったときには、もうどうしようもなく、とにかく土地の値段が上がらないと破滅という人どうしでお金をぐるぐる回してた。
いざバブルがはじけたときには、
「ああ、ついに来たか」
って感じ。
あの頃、株式投資をしない父親を、なんてもったいないと思っていたが、僕こそが世の中をしらない馬鹿者だった。

今の(日本の)ベンチャー投資バブル、増資しか会社を継続する方法がない会社がいっぱいある。
増資に見合うリターンが返せる見込みがなくても、もっと大きな増資をするしかない。


・・・でも、なんかやっぱおかしいよな。自分の経常利益で維持できない会社。
この不自然さに感じるもやもやは、バブルの頃に、資金がなくてもどっかから借りて土地投資を繰り返したノンバンクのもやもやに似てる。
「これからの日本を変えるのはベンチャーだ!」
と息巻いたところで、新規性もない、どっかで見たビジネスやゲームのパクリが以前にもまして蔓延してる。

もうそろそろ口八丁の増資に限界が来て、ここから一年くらいの間に破綻する会社も出るんじゃないかと思う。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0