So-net無料ブログ作成

BSE のスクリーニング検査をやめるそうな [畜産とか獣医学とか]

法律的な義務づけがなくなったまま続けていた BSE のと畜場での検査を来月からしなくなるらしい。都道府県単位に、任意でやっていた検査なのにやっぱりやめるときは一斉だそうな。風評を恐れて横並びでやっていたってことがよくわかる。

月曜が来月なので、もうしないってこと。24ヶ月以上の牛にはするみたいだけど、実質的にはしないってことだな。あえて BSE検査してまで 24ヶ月令以上に育てる牛ってないんじゃないかな。
公衆衛生の(獣医の)世界に BSE の与えた影響については以前に少し書いた
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2012-04-07

結局、BSE 検査で陽性になったことなんてなかったんじゃないあろうか。もし、数頭陽性だったとしても、それを食べたくらいで人間に影響が出るような量ではなかったはずだ。
結局、BSE が一番与えた影響で一番大きいのは、獣医師の都道府県職員への採用が増えたことと、その獣医師の(と畜場検査での)ストレスの高まりだったのではないか。BSE も BSE検査も、日本人の健康に与える影響なんて別になかったんじゃないか。

開始するときは大騒ぎ、終わるときは人知れず、そんな BSE 検査の終わりに思ったことをメモっておく。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0