So-net無料ブログ作成
検索選択

野田総理の思い出 [ニュース]

僕が、結婚を機会に船橋に引っ越して来た最初の国政選挙のとき、義母に
「いつも誰にいれているんですか?」
って聞いた時に、
「近所に大規模な社宅が建つ時に、階数を減らす交渉に
力になってくれたから、野田さんに入れてる」
と言われた時が、野田さんを知ったとき。20年くらい前。そのとき、経歴なんかをみて、松下政経塾を出て政治を志してるけど、万年野党にいて思ったことがで切るんだろうか、と思ったことを覚えている。
落選、浪人も経験したし、自民党にいなければ国会議員といえども何もできないのじゃないか、と。

北習志野の駅前で、朝、通勤途中の人達に本人がビラを配っていたのを最後に見たのは、財務大臣になるほんの少し前だから、まだ2年くらい?。

民主党が、いろいろな失政で人気を落としてから(人気がないと思われた中での)総裁→総理就任。
そんな不利な状況の中で、消費税増税を決めて、定数是正に道筋をつけた。
竹下さんだって橋本龍太郎だって、消費税をいじった時は惨敗だった。
そんな中で、よく頑張ったと思う。

聞くところによると、自宅周辺の自治会では、お祭りの時に、何も持ってこないと不人気らしい。地盤も看板もカバンもない、単なる自衛隊員の息子。そして、首相就任中も、公立高校の同窓会には顔を出す酒豪。そんな話を聞いて、野田さんと民主党に投票する今日この頃。

今回のことに負けずに頑張って欲しい
総理じゃなくなって、また普通の代議士に戻ったら駅前でビラ配ってくれるのかな
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0