So-net無料ブログ作成
検索選択

VirtualBox の Ubuntu のディスク増やした [ネット生活]

Fixed size の VDI ストレージを作ってしまったので拡張するのは無理だろう。ディスクがいい加減足りなくなってきたから、ディスク作ってUbuntu インストールし直しか。面倒だなぁ
・・・と思っていたら、そんなことなかった。

http://www.natzworks.com/digital/2011/489.html
固定サイズのディスクをもとに、clone して可変サイズのディスクを作成してから、サイズを変更するという段取り。自分の具体例を残しておくとこれ↓
$ VBoxManage clonehd Ubuntu.vdi Ubuntu1204.vdi --format VDI --variant Standard
$ VBoxManage modifyhd Ubuntu1204.vdi --resize 100000
これで 100G弱のディスクができた

そのあとパーティションテーブルを変更してやる必要があるんだけど Gparted ってのを使ってできた
http://ankyo.blog.so-net.ne.jp/2011-02-20
ここ↑に書いてあるけど、一旦 /dev/sda2 内の論理パーティション /dev/sda5(Linux swap)を削除して /dev/sda2 を一番後ろに移動してから /dev/sda2 に再度 /dev/sda5(Linux swap) を作成して /etc/fstab にある
UUID=xxxx-xxx-xxxx-・・xxx  none  swap sw 0 0


/dev/sda5  none swap sw 0 0

に書き換えた。(意味わかってないけど)

あと、これらとは関係ないけど、 gzip で大きいファイルのアーカイブを解こうとするとゲスト OS が停止してしまうという問題に長いこと悩まされていたがゲスト OS (Ubuntu 12.04)に割り当てるメモリを 3G から 2G に減らしたら現象が出なくなった。
これは、ホストOS とか VirtualBox のバージョンによると思うんだけど、やっぱホスト OS が OS X 10.5 だからかなぁ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました