So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「天地明察」 [映画]

見て来た。

決して、宮崎あおいがかわいいから、とかじゃなくて、かみさんが、映画化前に、原作を読んで非常におもしろいと言っていて、映画化に際し、僕以外の家族が見に行くというのでついていったかんじ。

まだ始まって一ヶ月だが、近所のシネコンでは一番小さいところで一日一回だけの上映だった。面白かったのに、やっぱ時代ものは厳しいのかなぁ。観客は、武士の家計簿の時と同じく、僕の親の世代くらいの人がほとんどだった。
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04
ただ、なぜか今回は、うち以外にもう一組、うちくらいの家族連れがいた。

原作が、史実をもとに脚色しているところを、映画化で、より大げさな脚色したようで、それについては賛否両論らしいが、まぁ映画ってそんなもんだし、全体としては、映画の尺に納まって、いい具合の脚本になっていた。
角川映画といえば、「セーラー服と機関銃」をはじめとする僕の中学生の頃の原作レイプ振りを思い出してしまうのだが、最近はわりといい感じ。

映画は映画で、江戸時代前期の天体観測の様子が、うまいこと映像化されてておもしろかった。
前半の幕府の命で全国をまわって北極星を観測するあたりなどは、原作でいろいろ書いてあるらしいので、映画のあとに原作を読むと良いのかもしれない。(というか、読んでみたいけど、今は無理)

あと、宮崎あおいはかわいかった。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました