So-net無料ブログ作成

日本IBM とスルガ銀行の裁判に判決出た→74億の賠償命令 [ニュース]

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120329/388219/
(判決が出たことが)大事件だ、と思ったのだが職場周辺や twitter の TL 上は、わりと注目されてない。裁判が始まったのが昔すぎて風化してしまったのか、僕が「Web 系」になって SIer の世界から遠ざかってしまったのか。

「うぁー、痛々しい裁判が始まっちゃったなー」と思ったのはもう4年前なのか。
(この↓エントリーのコメント欄が生々しい)
http://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2008-03-07

裁判を詳しく追っていたわけではないが、逸失利益まで含めて 111億の損害賠償請求で 74億の賠償命令では、ほぼスルガ銀行の全面勝訴じゃないですか。
これは、日本IBM がだめもとで上告すんだろうな。まだまだ、裁判が続きそうだ。

どっちの肩を持つというのはないが、僕の感覚では、金銭的には、日本 IBM に痛みのあるような判決にはならないと思っていた。
だって、営業トークでパッケージ販売&カスタマイズで儲けて最初にいわれたほどの効果がえられず客は泣き寝入り。下請けも苦行の日々・・・みんながんばっても勝者は SIer のみ、ってのはごくごく普通のことだったのだから。
日本 IBM の敗訴はないと思っていたが、負けてみると「ですよねー」と思わなくもない。

引き続き、システム開発を受託でおこなうサービス業はなくならないだろう。
しかし、自らは開発能力がなく、コンサルティングとかマネージメントとかいって、うまくいかなかったら
「いやいや、お客さんが悪いんですよ」
と言って商売するやり方は、リスク高い商売になっちゃった気がする。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0