So-net無料ブログ作成

IronPython 2.0 Beta 4 で例外 [DotNET]

数日前の話だけど IronPython 2.0 Beta 4 が出た。
今回は、zip アーカイブのバイナリだけじゃなくて、msi 形式のインストーラー版がある。
そして、今回は Python Standard Library が含まれてる。
せっかくなので、msi でインストールしてみた。

ライセンスの確認のところで、IronPython のライセンスと、 Python Standard Library のライセンスが併記されてた。なるほど、ライセンスが違うからライブラリは含めたくなかったのね。Beta 4 でライブラリが何処まで動くかわからないけど使う側にとってはこれは大きな進展だなぁ。

インストーラーでインストールしても、環境変数 PATH に追加されなかったので、手作業で PATH を追加した。ここらへんは、この先変わるのかな。拡張子との関連付けとか。

さて、動かすか・・・と IronPytnon Console (ipy.exe) を起動してみたら
Unhandled exception
と言われて、Microsoft に報告しますか?のダイアログが出る。
全然動かない。

そのうち誰かが何とかしてくれるかと思って放置しておいたが、ブログを観察していても誰も同じようなトラブルに会った人がいない。
仕方がないので、一昨日あたり、解決すべく Release Notes を見直したら
.Net Framework 2.0 SP1 が必要と書いてある。
SP1 ? そんなのあるのか。うちのノートPCは SP1 じゃないぞ。
日本語版の OS だけ、まだ自動更新の対象になってないらしい。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/netframework/downloads/20_30_sp1.aspx

ということで .Net Framework SP1 を入れたら無事起動するようになった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1