So-net無料ブログ作成
検索選択

TAP による接続 [coLinux/Gentoo]

なんだか良くわからないが、引越しして AP の配置が変わったら、
あんなに使えなかった無線LAN http://blog.so-net.ne.jp/nakagami/2004-10-10-1
がまともにうごくようになった。

coLinux を Wincap によるブリッジでネットワークに参加させていたが、
無線のLAN adapter でブリッジさせようとすると、coLinux を起動しようと
するときに、Windows ごと落ちてしまう。
しかたがないので、以前はよくわかってなかった TAP による接続をしてみた。
Wincap の状態から変更したのは、
1. 起動設定の xml ファイルで network の type を tap にしてドライバを変えた
<network index="0" type="tap" name="Tap-Win32-coLinux" />
2. Windows のネットワークの TAP ドライバに IP アドレスの設定
3. 2.に合わせて、coLinux 側の IPアドレス、デフォルトゲートウェイの変更(/etc/conf.d/net)

正直、何で、ルーティングできてるのかよくわからないが上記の変更だけで
インターネット上のリソースにもアクセスできてる。
(ADSL モデム君は、なぜ coLinux への経路を知ってるんだろう・・・)

Windows 2000 と XP だとダイアログがちょっと違うけど、↓の説明がわかりやすかった。
http://scratchpad.fc2web.com/colinux/install/install-5-1.html

追記
>(ADSL モデム君は、なぜ coLinux への経路を知ってるんだろう・・・)
あっ、NAT してんのか・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0