So-net無料ブログ作成
検索選択

男は(きれいな)お姉さんのためにならがんばれるのだ [プログラミング]

昨日の続き・・・
http://blog.so-net.ne.jp/nakagami/2005-02-01-1

とある会社のとある課の隣の課長の体験談。今はどうか知らないがその頃、部毎の裁量が
大きくなって(その分、独立採算の傾向が強くなっていたが)新人をある程度は課長の裁量で
採れるようになっていた。

ある年の新人に女性を採用したとろ、課内の人たちのやる気が目に見えてアップして
遅刻も減ったそうな。「来年も女を採るぞー」と言っていて、実際に翌年も女性がその課に
配属された。

能率アップの理由となった女性というのが、(隣の課なのでよくわからないが)はたから見ていても、
とっても感じの良い人だったので、多分にその人個人に依存する問題だったんだろうが、
大雑把な感覚として5人に1人くらいは女性がいると、その女性自体がどんなに役に立たなくても
じゃまさえしなければ、5人全員が男である場合よりも全体の効率はアップのような気がする。
既婚・未婚とか見た目とか年齢というよりは、「よーし、おじさん(お兄さん)が助けてあげなきゃ」
と思わせるところが大切。
ここ↓の女1は、どんなに聡明で美しくても、上のような効果は出にくい。
http://www.liris.org/blog/493
#あくまでも、これは女性の話ではなくて「ばかな男の話」

トム・デマルコもこういう研究をもっとすれば良いのに。

ところで、男社会でほとんど「復活の日」状態のソフトウェア産業での女性(オリビア・ハッセー)の
効果は、私が身を持って(当事者として)実感しているのだが、
女性ばかりの職場に男性がいることの効果っていうのはあるんだろうか?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 1

kinneko

逆だと無関係か効率を落とすとも思ったけど、視点を変えると、やっぱり女ばかりだと独特の関係性による阻害要因が大きいと思うのね。だから効果はあると思いますです。
by kinneko (2005-02-02 09:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。