So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大学皆入学の時代 [日記]

学力が足りなくて大学に入れないということがほぼなくなって、どこの大学かを選ばなければ大学に進学できる時代になってしまった。

大学に進学しないのは、
- 親の財力がない
- もっと実践的な勉強をするために専門学校に進む
- (大変かもしれないけど、もう勉強は嫌いなので)就職 or フリーター or ニート
というのがおもなところだろうと思う。

親の責任として、せめて大学には行かせてやりたいと思う。
親の経済的な理由で子供が大学に行けないというのは親としても嫌だ。
もし、北欧のように大学の授業料が無料になったら、世の親の気分は随分と軽いものになるだろう。

学力が足りないから入れないなら、それはそれで仕方ない。
しかし、実際はまったくの逆。以前は
「高校1年の問題が解けない大学生がいる、大学のレジャーランド化だ」
と揶揄されたが、いまはもうFランの大学が
「中学の数学から教えます」
というのを売りにしている。
(実際には、大学に行って中学から高校までの復習に加えて大学での学習ができるとは思えない)

ただ、僕としては金があったら入れる Fランの大学があったら、たとえ子供が中学レベルの英語や数学ができなくて、(学問的な意味で)大学に進学する意味がなくても、(ライセンス的な意味で)大学に行って欲しい。
バカバカしく、意味のないことはわかっているのだが。

少なく見積もっても、偏差値50以下の大学は行く意味はないと思う。
もし可能なら、日本の大学を 1/2〜1/3 にして授業料無料にしてくんないかなぁ。
もし、そうなら自分の子供が学力的に大学に入れなくても諦めがつくし、入ったら入ったでお金の心配をしないで済む。

大学で学ぶ能力がないのに大学進学して中退するか、大学が(あまりに中退が多いと問題になるし経営上もよろしくないので)ごまかしごまかし卒業させるようなやりかたは、あらゆる人が犠牲を払ってメリットがないので、早晩行き詰まると思うのだが、これからどうなってしまうのだろう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

田舎が嫌いで飛び出したわけでなく [日記]

運よく高校になる頃に親の金回りがよくなって、親元を離れて大学に行かせてもらえることになった。
両親とも、渥美半島から出て暮らしたことはなく、僕は、できることなら一度は外に出て暮らしてみたほうがいいんじゃないか。と、漠然と考えていたが、そんなに信念があってのことではないし、ましてや田舎が嫌いで飛び出したというわけではなかった・・・つもりだった。

大学を卒業したら戻るんだろうなと思っていたが、就職して結婚して子供が生まれても、そんなことにはならなかった。
高校卒業以来、自分なりに置かれた環境の中で頑張ってきたつもりで、また、あまり友達というものに頓着しない性格から田舎にはほとんど帰らなかったし、田舎の同級生に会うこともほとんどなく今日まできてしまった。

いつかは田舎に戻りたいと今でも思っているが、今となっては田舎で僕のできる仕事はなく、僕以外の家族は田舎では暮らせそうにないし(僕も暮らせないかもしれないし)それは単なる夢なのかもしれない。

田舎の同級生と会っても共通の話題がなくて、話すことないんじゃなかろうか、
「なんか、都会で暮らして嫌な感じになった」
と思われないか、というのがちょっと怖い。

じゃあ、田舎から飛び出さなければよかったんじゃないか?といえば、おそらくそんなことはなく、田舎に戻っていたら結婚していないか、結婚していても子供を大学にやるのは難しくなっていたんじゃなかろうか、と思う。自分は大学に行かせてもらったのに子供を進学させられないというのは忍びない。

自分の子供の代になると(大学はさておき)国内には仕事がなくて海外(アジアとか)に出て働かないと食っていけなくなるのではないか。そして、気軽な気持ちで海外で働くようになって、そのまま戻らなくなるのではないかという予感がしている。そうなったらちょっと寂しいがしょうがない。自分の親や祖父もそんな気分を味わったのかな。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

49回目の誕生日 [日記]

子供の頃は誕生日はうれしかった。
また一つ大人に近づいた気分になった。

35歳を過ぎると
「まあ、誕生日って言われても、歳をとるのは、もううれしくないですよ」
などと(かっこつけて?)言っていた。

最近は、TV でも、自分の身近でも同年代の人が亡くなることが多い。
先日も、以前の職場で知り合った3歳くらい歳上の人が亡くなったのを風の便りに聞いた。
「この人の人生、幸せだったのかなぁ。
死んじゃうんだったら、あんなに働かなくてもよかったんじゃないかなぁ」
などと考えてしまう。

そんなこんなで今年は心境の変化があり、Facebook で誕生日おめでとうのメッセージを頂くと
「ありがたやありがたや。今年も一年健康に過ごすことができた」
と感じるようになった。

子供も随分大きくなったが、かえって具体的に
「せめて大学を卒業するまでは生きたい」
と思うようになった。

今までは漠然と「歳をとるのはあたりまえ」と思っていたが、もうこれからはひとつ歳をとるだけで感謝する年齢になったのかなぁ。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天皇のお気持ちの表明 [日記]

歴史に残る出来事だと思うので、それを聞いたときの自分の感想を記しておく。

事前に生前退位の意思があるということを聞いていたので
「もう歳をとってしんどいので隠居したい」
というお話と思っていた。ビデオメッセージを聞くと

- 歳をとって象徴天皇としての役目が果たせなくなるのは本意でない
- それは摂政をおいて天皇の役割を肩代わりすればよいというものではない
- 崩御の際には社会が停滞しみんな大変
- 行事もたくさんあって家族も大変

個人的に一番以外だったのは「家族」というお言葉を出されたことだった。
歴代の天皇で初めて子供を育てた天皇は違うんだなぁと思った。
そして、陛下も昭和天皇崩御の際は、さぞや大変だったんだろう。

そして、
「自分がしんどいので・・・」
ということではなく、あくまでも象徴天皇の役割が果たせなくなることが不本意だ、ということで
「しんどいのであれば、天皇の地位はそのまま陛下は無理せず国事行為を誰かが代わりにすればいいんじゃないかな」
という安直な考えは、摂政を否定することでお考えを明確にされた。予想以上に踏み込んだメッセージだった。

大変なことだが、もう思い切って天皇についての天皇に関する憲法改正についても考えるべきなのかもしれない、と思った。
ただ、皇室典範の改正にとどまるにしても、象徴天皇であるかぎりは「天皇に言われたから」という形にできないところとかいろいろ難しい。
玉音放送以来の出来事だよなぁ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みずほのシステム開発 [トラブル/セキュリティ]

僕が最後に聞いたみずほ銀行の大本営発表は
「(まあ、大丈夫なんだけど)念には念を入れてスケジュールを1年延期します」
http://www.j-cast.com/2014/03/07198281.html
という話だった。
そのカットオーバーが来年の春。もう気がついたら1年を切ってる。

そろそろ、次の公式アナウンスがあると思っているのだが、まだ何もない。
もはや、あれが順調に進んでいるとは誰も思っていないと思う。
なんだかんだで 4000億くらいかかっているらしい。

2chの怪しい情報によるとシステムテストが始まっているという。
要件が決まらないのにコードを書いて、それを単体テストできてることがおかしいのだが、さらにその先まで行っているという。いよいよ言い訳ができないところまで来てしまっている。
気持ちはわかる。幾つかのサブシステムに分かれていて、どうせ他のサブシステムもできていないんだろうから、先にギブアップしたくない。僕も当事者だったら他のサブシステムが「すみません、実は・・・」となったところで、こそっと「実は、こちらも・・・」といって誤魔化したい。
そうはいってもそろそろ、どこかで限界が来て公表することになるんだろう。

資本金が1兆4000億くらいなんだそうだが、もし今までかけてきたシステム開発がまったくダメで減損処理することになったらどうなっちゃうんだろう。
実際には会計上の計算でまったく使えなくても「使えます」って言い張って固定資産として少しづつ償却していくんだろうが。

使えないことには変わらないので頭取や担当重役の減俸や辞職ぐらいでは済まないんだと思う。
いま、みずほの偉い人たちは、そういう危機感はあるんだろうか。

いままでかけてきた金が無駄になっちゃうことも大変なことだが、それより問題なのは、今までのやり方では完成しないということが明らかになってしまうことだ。
そして、24時間送金とかいろいろなシステム化のためには、いまのまま頑張るのが無理なことも明らか。
僕だって、同業者がつらい思いをするのは嫌なので、なんとかうまくいってくれればいいと思うんだが、一体どうすればいいんだろう?
とにかく、いまのやり方を続けていたんじゃ、つらいだけで何万年たっても終わらないだろう。

例えば、どこか一つの(旧銀行)システムに寄せて(ハードウェアは増強するとして)、その残るシステムで対処できないようなサービスは、お客さんと金融庁に謝って
「過去の特別金利のあれ、すいませんがシステムの都合で辞めさせてください。つきましては、みずほに口座をお持ちの皆様に1万円づつ振り込みます」
とリアル詫び石をするとかどう?冗談でなく
もちろん、その時は、頭取が責任を取って辞めることになるんだろうけど、金融庁の人には
「じゃあ、またシステムトラブルで預金おろせなくなってもいいんですか?」
と逆ギレで脅すくらいの意気込みがないと、もう解決できないではなかろうか。

(8/9追記)書いたそばから ITPro の記事が出た。それによると順調らしい
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/080800601/
ネットで出回る噂は、まったくの嘘だったんだろうか?年末までには、また進捗がわかりそうだ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ようやくペーパーレスの可能性が [日記]

金融系のシステム開発のお仕事は、本当に紙が多い。
業務の中で、紙でやりとりしないといけないという発想だからなのか、システム開発でも、すべて紙に出す必要がある。

詳細設計書やテスト結果もキングファイルに綴じて、納品物がキャビネいっぱいになる。
「仕様は?」
と聞くと、
「ここにあります」
とキャビネを指差す。
検索もできないんだから、読めねえ・・・って、考えればわかりそうなもんだけど納品された側はシステムもプログラムもよくわからないのでこんなもんかと思っているようだ。
誰にも読まれないで、それこそ量り売りみたいに量が多いのがありがたがられるので、そういう紙に書かれた文章はかなり杜撰で、やっぱり読めたもんじゃない。

ああいう(読みもしない紙のドキュメントを納品する)悪習は変えようないのかな、と思っていた。

ところが、自分が転職してわかったが、業界が違うとそこらへんの考え方が一変する。
僕自身は、仕事で読む文章を印刷物で読むことはなくなった。
会議に資料を必要人数分用意する必要もなくなったし、納品物のドキュメントを印刷して、ページ番号の振り方を間違えたり微妙にフォントを間違えたりして印刷し直すような仕事もしなくなった。
資料を配布するために会議をしているようなところもあって、(資料配布も兼ねた)会議とその会議に必要な資料や納品物の印刷にかかる労力だけ考えても随分と楽になった。
楽になったというのは、印刷している人たちに比べれば競争力があるってことだと思う。

昔、電車で日経を広げてたおじさんたちは実は今はスマートフォンやタブレットで読んでる。
紙で読む習慣が減っていけば、昔の職場も印刷の頻度は減っていくんじゃなかろうか。

ふと、15年も前、義父が役員をしていた時に、送られてきた電子メールを秘書の人に印刷してもらって読んでいた(義父自体は自分でパソコンを使うことはなかった)、という話を思い出した。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アタリショック的な意味でポケモンショック [日記]

昨日の午前10時に日本でもポケモンGO のサービスが開始された。
その瞬間から twitter の TL はポケモンで埋まり、(NHKも含めた)TV も新聞も、ポケモンでもちきりで、24時間の間に日本のスマートフォンのセールスランキンングが1位になった。
数日前には官房長官からもポケモンGOについて言及があった。

昨日は、自宅で仕事をしていて外に出なかったが午後8時に犬の散歩に出たら、(通常であれば近所はあまり人通りはなく、いたとしても足早に帰宅する人ばかりだというのに)大学生くらいの人たちが近所の公園のあたりをうろうろしてた。
今日は、所用で電車に乗って近場に出かけたが、もう
「スマートフォンを持っている人をみたらポケモンハンターに見える」
状態だった。

一夜にして日本が変わってしまった。
いや、先行して始まった海外を含め、ここ数週間で世界が変わってしまった。
数日前に「NY のセントラルパークで、夜なのに人がいっぱい」というニュースを見て、「おいおいえらいことになっているなぁ」と思ったが今は代々木公園(や、日本中の大きな公園や名所)で同じことが起きてるらしい。
こんな短期間に世界が変化するのを目撃することは、僕の一生の中ではもうないかもしれない。

使えるお金というより、時間に限りがあるんで、スマートフォンゲームを作っている会社は相当苦しいことになるだろう。このブームが8月いっぱいで終わればいいが、2年も続いたら、どうなっちゃうんだろう。

ポケモンGOの売り上げが残りのゲームの合計を超えたとかいうニュースもあるし、
https://intelligence.slice.com/poke-profits-game-purchases-pokemon-go-accounted-half-entire-mobile-game-market-launch-weekend/
日本でも同じことになりそう。

パイがその分増えるならいいけど、使える時間は一定なのでどちらかというと(ポケモンGOは、あまりお金使わない構造のようなので)パイが減って、その半分以下を残りの会社が分け合うことになっちゃうのでは。

カメラで覗いたらポケモンがいて、モンスターボールを投げたらポケモンが捕獲できる(かもしれない)ゲームを超えるのは大変そうなのだが
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DB2 Express-C 11.1 を Ubuntu16.04 にインストール [RDBMS]

唐突に DB2 を手元の Ubuntu 16.04にインストールしようと試みる。

サイトは、URL が変わると困るので、ぐぐって DB2 Express-C 11.1 のダウンロードサイトを探してもらうとして、IBM ID というのを登録(メールアドレスとパスワードと国を入れるだけ)するとDB Express-C 11.1 というのがダウンロードできるようになる。

Linux 版と Windows 10版があって、v11.1_linuxx64_expc.tar.gz をダウンロードした

インストール手順は
- http://www.infoscoop.org/blogjp/2014/04/30/install-or-upgrade-db2-on-linux/
- http://dbtk.jp/2016/06/05/db2-express-c-on-ubuntu/
あたりを参考にした(主に下のやつ)

なんか、64bit 版だし、インストールしなくていいものもあるような気がするけど、
試行錯誤している余裕もないので、参考情報をもとに、
以下のようなパッケージをインストール(とユーザーを2つ追加)した

sudo apt-get install libpam0g:i386
sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install libaio1
sudo apt-get install ksh

sudo groupadd db2iadm1
sudo useradd -g db2iadm1 -m -d /home/db2inst1 db2inst1
sudo passwd db2inst1

sudo groupadd db2fadm1
sudo useradd -g db2fadm1 -m -d /home/db2fenc1 db2fenc1
sudo passwd db2fenc1

インスタンスユーザー(今回は db2inst1)というインスタンスの所有者のユーザーと
fencedユーザー(今回は db2fenc1)というユーザー定義関数やストアード・プロシージャーを実行するユーザーが必要らしい。

次にB2 のインストール

tar zvf v11.1_linuxx64_expc.tar.gz
cd expc
sudo ./db2_install

インスタンスの作成
sudo /opt/ibm/db2/V11.1/instance/db2icrt -u db2fenc1 db2inst1

ポートの設定
/etc/services に
db2_db2inst1 50000/tcp
を追加

以下、
$ su - db2inst1
として
db2inst1 ユーザーで実行

サービスの登録?
$ db2set DB2COMM=tcpip
$ db2 update dbm cfg using SVCENAME db2_db2inst1

サンプルデーターベースの作成
$ /opt/ibm/db2/V11.1/bin/db2sampl

必要なインストールはここまで


サービスの起動
$ db2start


コマンドラインプロセッサーを起動して接続&SQL実行
db2inst1@ubuntu1604:~$ db2
(c) Copyright IBM Corporation 1993,2007
Command Line Processor for DB2 Client 11.1.0

You can issue database manager commands and SQL statements from the command
prompt. For example:
    db2 => connect to sample
    db2 => bind sample.bnd

For general help, type: ?.
For command help, type: ? command, where command can be
the first few keywords of a database manager command. For example:
 ? CATALOG DATABASE for help on the CATALOG DATABASE command
 ? CATALOG          for help on all of the CATALOG commands.

To exit db2 interactive mode, type QUIT at the command prompt. Outside
interactive mode, all commands must be prefixed with 'db2'.
To list the current command option settings, type LIST COMMAND OPTIONS.

For more detailed help, refer to the Online Reference Manual.

db2 => connect to sample

   Database Connection Information

 Database server        = DB2/LINUXX8664 11.1.0
 SQL authorization ID   = DB2INST1
 Local database alias   = SAMPLE

db2 => select * from staff where dept = 20

ID     NAME      DEPT   JOB   YEARS  SALARY    COMM
------ --------- ------ ----- ------ --------- ---------
    10 Sanders       20 Mgr        7  98357.50         -
    20 Pernal        20 Sales      8  78171.25    612.45
    80 James         20 Clerk      -  43504.60    128.20
   190 Sneider       20 Clerk      8  34252.75    126.50

  4 record(s) selected.

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Ubuntu を 14.04 から 16.04 にした [サーバー・ネットワーク管理]

ここらへん↓をたよりに、手元の VM の Ubuntu Server を 14.04 から 16.04 にした
https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-upgrade-to-ubuntu-16-04-lts

いろいろ書いてあるが、1行で書くと
$ sudo do-release-upgrade -d
を実行した、ということになる。
以前どうしてたか覚えてないけど、VM をクローンしてそのクローンを do-release-upgrade したの初めての気がする。

途中、ミドルウエアや起動スクリプトを、
「いまのものを使うか、バージョンあげるか?」
みたいに聞かれるので、 y を押していった。
もちろん、状況によっては今のバージョンを維持する場合もあるだろう。

Ubuntu 16.04 で systemd を使うようになった、とかいろいろ変わったところはあるみたいだけど、僕が動作を確認していたなかで気づいたのは

- Python3.4 が Python3.5 になった
- Python が 2.7.6 から 2.7.12 になった
- MySQL が 5.6 から 5.7 になった
- PostgreSQL が 9.3 が 9.5 になった
- ssh で DSA鍵が使えなくなった

$ sudo apt-get install python3-pip
で pip3 コマンドがインストールされ
$ pip3 install jupyter
で IPython 5.0.0 がインストールできた

デフォルトでインストールされるのは python3 らしいが、 python と打って起動するのは python2.7 なので、バージョンアップしてもそんなに困らないかな

/etc/postgresql/9.5/main/postgresql.conf の upgrade の過程で 5433 になっていたのに気づかず時間を浪費してしまった。
(本来は 5432 )
MySQL は do-release_upgrade の間にデータベースの移行もしてくれたっぽい(時間かかったけど)

ssh が DSA の鍵をサポートしなくなったようなので、DSA の鍵を使っていたところを RSA 鍵を使うようにした。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

児童手当の現況届け提出失敗 [日記]

市の自動福祉課から封筒が来ていたので、
「めんどくさいなー。今度はなんだろう。こないだ現況届けを出したから決まったっていう知らせかな」
と思って開いてみたら、
僕の保険証のコピーが足りてなかったようで、
「保険証をコピーして返信用封筒に入れて切手を貼って送れ」
とのこと。

はぁ、また失敗だ。児童福祉課の方、お手数かけてすみません。
確か、昨年の児童手当も何か足りなくて再送したような・・・

手当てを受け取るのは(納税の義務と同じように)権利として享受しないと、と思うのだが正直めんどくさい。
政権政党は、現ナマを配った方が実感が湧いて票に繋がると思うからだと思うけど、補助金の配布をを市町村への申請で現金(振り込み)で受け取るものが多い。
あのパターン、どうにかならないかと思う。

政府は法律を決めて運用は市町村に押し付けてる。
金持ちが受け取ると批判が大きいので年収や、年金をちゃんと払っているかを入念に調べている。
金持ちに支給しないことで節約している額よりも市町村が手続きにかけているコストの方が大きいんじゃなかろうか。

子供向けの補助金で言えば、給食を無料にするとか、学校に児童生徒数で補助金を出すとか、
同じ予算を少ない労力で配分する方法はあるんじゃなかろうか。

年をとって80歳くらいになったら、こういう届けめんどくさくてできなくなっちゃうと思うんだけど、そういう届けがないとお金もらえないと、餓死しちゃいそう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -